<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

ネパール映画
これほど突っ込みどころの多い映画が存在していたとは・・・(笑)



突然始まる映画。

荒い画質。

途切れる音声。

明らかな合成映像満載。

低レベルカンフーで、衝撃音はドラム。水に落ちるとなぜかシンバル音。他の効果音的なのも結構ヒドイ。

ところどころにダンスが入るものの、明らかに下手なんですけど。。。インド映画の足元にも及んでない。

ストーリーも無理っぽい感じはするし。。。




それでも結構人が入っている!!
みんなの映画をみる姿勢は熱い!熱すぎる!!

そして、そこが私たちにとって面白い!

ネパール映画を見に行った真の目的は、ネパール映画の質を批評するためではない。ネパーリーの映画に対する思いを感じに行ったのだ。(きっかけは最初にネパール映画を見に行った、くに&たか夫妻の話を聞いて)



ネパーリーの映画シーン中に起こす反応。

これがとっても印象的!


どんな反応かというと・・・

正義の味方(?)の登場シーンにはみんな口笛を吹きまくる(笑)

 ピューピュー!!ピューピュー!!

館内に響き渡るこの音、鳥肌もの。今でも頭に響いて止まない(笑)


悪をやっつけるのを見るのが気持ちよくてたまらないんだろうなー。




言ってる内容が分からなくても十分楽しめます!!

ネパールに行った時は是非ネパール映画でも!!!
日本で、ネパール映画をお家で見てもつまらないだけ。
ネパーリーがいてこそ、ネパール映画は真の面白さが出てくるのです!

| ケン&チコ | アジア(ネパール) | comments(0) | trackbacks(0) |
火葬
せっかくネパール来たんだから、少しは観光しよう!ってことで、ヒンドゥー教の聖地であるパシュパティナートに行ってきた。

入場料は地球の歩き方の倍になっていた!500ルピー。。。ネパールの物価からするとありえないほど高く感じる。まぁせっかくだし入ることにしたけどさ。


ここはガンジス河に到底及ばないけど聖なるドブ小川が流れていて、洗濯、沐浴、火葬など淡々と行われている。

やっぱり衝撃だったのは火葬。



川辺には数体の死体が置かれ、それぞれ儀式が進められている。

日本で火葬場が観光客に対して公開されることはないし、身内以外でこのような状況に遭遇することは無い。



女の人たちが後ろで泣き叫んでいる。あまり聞こえのいいものではない。悲痛な声は、こっちまで悲しい気持ちにさせる。

そして場所を移して火がつけられる。


ヒンドゥー教はお墓を作らない。灰にして川に流す。人々の記憶に残るだけ。輪廻転生を信じているからだ。




あの火の中で今、人が燃えているんだ・・・。



対岸からで焚き木もいっぱいあってよくは見えないけど、不思議な感覚に襲われる。

さっきまで人の形をしていたのに、跡形も無くなる。



そして川に戻る。というか落とされる。作業は雑だ。まるで清掃するかのようだ。

すぐ下の川の中では少年が何かお金になるものがないか探している。

とてもカメラを向けれなかった。雰囲気を伝えるために一枚だけシャッターを切った。


ふと祖母が亡くなった時を思い出す。



うちらの結婚をあんなに楽しみにしていたのに、式を挙げたのは亡くなった後だった。

知らないうちに目頭が熱くなっていた。



人はいつか死ぬ。

100年カレンダーには遅かれ早かれ必ず自分の命日がある。



人は日々、死に向かって生きている。

どうせならぶっとい人生にしたい。

そして気持ちよく終焉を迎えたいものだ。




火葬をしばらく眺め続けた。

自分が生きていることを改めて実感できた一日だった。

| ケン&チコ | アジア(ネパール) | comments(3) | trackbacks(0) |
エベレスト&ゴーキョ!ヒマラヤトレッキング20日間
旅の締めはネパールのトレッキングと決めていた。もちろんエベレストをこの目で見るためだ。

期間はフライト日を含めて20日間。

こんなに長く山に篭るのも初めてだし、4000m以上の高地を歩き続けるのも初めてのこと。

アンナプルナと同じく、ガイド・ポーター無しで挑んだ。


ピークシーズンということもあり、トレッカーは多く、道に迷うことはない。

心配なのは『高山病』だけ。



自分はチチカカ湖で、チコはキリマンジャロの登頂からの下山中に軽い高山病を体験している。

はっきり言って同じような状況になったら、勢いで先に進むことなんて絶対できない。


予定とした日数からするとカラパタールとゴーキョの両方行くことは可能だけど、もしどちらかに高山病の症状が出るようなら、たっぷり時間を使って高度順応してカラパタールだけでも行けたらいいと思っていた。




高度を上げるときは、まるでカメの様に進んだ。

でも一歩ずつ足を踏み出していればいつかは目的地に着く。








そして、とにかく歩ききった。

やりきった。

カラパタールだけでなく、エベレストベースキャンプもゴーキョも行けた。レンジョパスも越えることができた。

心配していた高山病も問題なくクリアした。



今年の10月は例年に比べて天候が安定せずに、曇りだったり、雪や雨の中を歩くこともあった。

でも、8000m級の山々がそびえるこのトレッキングコースは本当に格別だった。

青空が広がると前後左右どこを見ても白く輝く氷河をまとった山がそびえている。

歩くだけでも最高に気持ちがいい。




最高到達地点であるカラパタール(5550m)やゴーキョ・リ(5360m)からのエベレストの姿は本当に堂々としている。カラパタールでは曇りがちな天気だったけど、ゴーキョリでは快晴の中、サンライズとサンセットをみれた。


ゴーキョを目指す。チョ・オユーが前方に白く輝く


3時半出発。早朝組みはうちらだけだった。星空を見ながら登る。


本日は快晴の予感!(前日は雪でした)


無事ゴーキョ・リに到着


貸切で日の出スタート!



14時半。サンセットを見るために再びゴーキョ・リを目指す。この時の天気は曇り。でも2時間後はどうなっているか分からない。信じて登るのみ。




そして奇跡が起きる。



途中、ガスで何も見えなかったのに、登頂30分前あたりからいきなり雲が次々と消える。

サンセットの始まる5時には雲は完全に消滅!

この時間に山頂まで来たのは、たったの3人だった。




日の入りとともに徐々に薄い赤からピンクに、そして深い青色へと移り変わっていく空の色。赤く染まるエベレスト。そのすぐ横に現れる満月。


音のない世界で2人で静かに見守った。


サンセットの始まり。エベレスト、ヌプチェ、ローチェ、そしてマカルー。


エベレストが赤く染まっていく


空色も刻々と変化する


光のラインが空に浮かび上がる!


満月がエベレストの真上に輝く



翌日、レンジョパスを越えて下山開始。長かったトレッキングもようやく終わりに向かうことになる。


レンジョパスでは最高の景色が広がっていた






2人で歩けたこと。そして無事にカトマンズまで戻ってこれたこと。心の底から満足している。




トレッキングの詳細は帰国後にまとめようと思う。

■■■ トレッキング概要 ■■■
[01]10/8
カトマンズ→ルクラ(2840m):フライト
ルクラ→パクディン(2610m)

[02]10/9
パクディン→ナムチェ(3440m)

[03]10/10
ナムチェ⇔クムジュン(3780m):高度順応日

[04]10/11
ナムチェ→ティンボチェ(3860m)

[05]10/12
ティンボチェ→ディンボチェ(4410m)

[06]10/13
ディンボチェ⇔チュクン(4730m):高度順応日

[07]10/14
ディンボチェ→ロブチェ(4910m)

[08]10/15
ロブチェ→ゴラクシェプ(5140m)
ゴラクシェプ⇔エベレストベースキャンプ(5364m)

[09]10/16
ゴラクシェプ⇔カラパタール(5550m)

[10]10/17
ゴラクシェプ⇔カラパタール中腹
ゴラクシェプ→ペリチェ(4240m)

[11]10/18
ペリチェ→ポルトセ(3810m)

[12]10/19
ポルトセ→マッチャルマ(4470m)

[13]10/20
マッチャルマ→ゴーキョ(4790m)

[14]10/21
ゴーキョ⇔ゴーキョ・リ(5360m):サンライズ

[15]10/22
ゴーキョ⇔ゴーキョ・リ(5360m):サンライズ
ゴーキョ⇔ゴーキョ・リ(5360m):サンセット

[16]10/23
ゴーキョ→レンジョパス(5360m)
レンジョパス→ルンデン(4380m)

[17]10/24
ルンデン→ナムチェ(3440m)

[18]10/25
ナムチェ⇔ヒマラヤビューホテル
ナムチェ→モンジョ(2835m)

[19]10/26
モンジョ→ルクラ(2840m)

[20]10/27
ルクラ→カトマンズ:フライト
■■■■■■■■■■■■■■■■



この旅で自分の行きたかったところ、したかったことは全部終了した。あとは余韻を楽しんで帰るだけだ。

いよいよ日本がみえてきた。

| ケン&チコ | アジア(ネパール) | comments(5) | trackbacks(0) |