<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

アンナプルナトレッキング その2 -サンクチュアリへの道-
9/23:タトパニ  → ゴレパニ
9/24:ゴレパニ  → タダパニ
9/25:タダパニ  → チョムロン
9/26:チョムロン → ヒマラヤ
9/27:ヒマラヤ  → MBC


4日目、ようやく当初の目的であるABCを目指す。

ABCとはアンナプルナ・ベース・キャンプのこと。ABCは標高4100m、アンナプルナ連邦に囲まれた場所にあり、サンクチュアリ(聖域)と呼ばれている。多くのトレッカーがここを目指す。


タトパニからゴレパニまでは一気に1800mくらい上がる。

今日は朝から曇り空だ。まぁ暑過ぎなくて良いのかもしれない。勢い良く出発するも新たな土砂崩れの撤去作業で完全に道が封鎖されている。日本の重機「KOMATSU」が頑張っている!


出発して早々、土砂崩れの撤去作業で先に進めない。


ヤギ達も恐る恐る重機の横を通過。なんかカワイイ



曇っているのにとにかく暑い。登りは体力も使うし熱も大量に発する。もう汗だく。全身じっとりとした感じで気持ち悪い。

物売りの少年から買ったオレンジがすっぱくておいしかったなー。


ちょうど昼ごろ雨が降り出す。午前中もたまにポツポツとはきていたけど、結構本格的だ。雨宿りしつつ昼食を取ることにした。

雨も収まったので昼食後の2時間は順調に進んだ。お腹が満たされると急にパワーが沸いてくるから不思議だ。


残り1時間くらいからまた雨が降り出す。標高も高くなったので冷たい雨だ。夕方の雨はなかなか上がらない。休憩なしのまま、先に進むことにする。とにかく今日中にゴレパニに着きたい。

しかし登っても登ってその先には階段が見える。民家が見えるたびにゴールと思ってしまう。いったいいつまで続くのか・・・。ひたすら登るしかなかった。


雨の中次々に現れる階段・・・、とにかく登るしかなかった


最後は震えながら宿に駆け込む。ホットシャワーが使えたのが唯一の救いだった。

チコはこの日から鼻水ズルズルになる。





ゴレパニからのショートウォークでプーンヒルというビューポイントがあり、多くの人が朝焼けを見に行く。

朝早起きしたものの曇っていたので、2度寝をして朝食後に向かうことにした。


これが当たりだった。プーンヒルに着く頃には天気も思った以上に良くなり、アンナプルナサウス、ニルギリ、ダウラギリなどの山々が堂々と姿を現していた。

ここからの眺めは格別だ!


徐々に晴れ間が広がってきました


プーンヒル到着!めっちゃ綺麗


ダウラギリも良く見える

遅く行ったせいか、2人で貸しきり状態。ほんとのんびり眺めて景色を楽しむことができた。


荷物を整理し、次のタダパニを目指す。今日は下りが多いので昨日よりは楽かな〜。


小川の横を進む。紅葉が始まっているのかな?


急な階段の上り下り。足パンパン。


到着後、現地の女の子と一緒に洗濯タイム♪





タダパニからは毎朝快晴だった。

ついに雨季が終わったのだ!!



タダパニの日の出。マチャプチャレのシルエットが美しい


見てて飽きないな〜。


朝食はもちろん外で





しかしここで1つ問題が生じた。

チョムロンに向かう途中で、チコがリュックを背負う時に腰を痛めてしまったのだ。

10年前のギックリ腰を思い出す。あの時は歩けなくなるほど重症だったので、もし同じような症状なら、すぐトレッキングを中断しなければいけない。


荷物をできるだけ軽くし、とにかくチョムロンまで進むことにした。下山するにもとにかくチョムロンまで行くのが地理的にも良いからだ。

スピードはいままでの1/2になったが、確実に前に進んだ。

こんな日に限って太陽が照りつけてくる。暑くてヘバりそうだったがなんとか持ちこたえた。


ポーターの荷物量はハンパない。しかも早い。あっさり抜かされていく。しかも履いているのがサンダルだったりする・・・。




宿に着いてすぐにマッサージ。

柔軟をたっぷりして寝る。進めるかどうかは明日起きれば分かる。


チョムロンからの夜空。月に照らされたアンナプルナサウス




朝、まずまずの目覚め。とりあえず腰の状態は軽度だったようだ。

だが、無理はできない。様子を見ながら進むことになりそうだ。「下りる」という決断も頭に入れておくなくちゃいけない。


晴れているのは本当に朝だけ。すぐに雲の中に隠れてしまう。


学校に向かう子供達


山の中腹に広がるチョムロン


ヒマラヤホテルに着くとすぐに冷たい雨が降り出した




MBC(マチャプチャレ・ベース・キャンプ)への道のりは快晴の中だった。朝から最高に気持ちが良い。こんなに良い天気の中歩くことができるなんて本当に夢にも思わなかった。チコも順調の様で良かった。

今日は3700mまで登るので無理せずゆっくり進む。


谷間は岩と緑に覆われ、無数の滝が流れている。その先には真っ白な山がチラチラ見え隠れしている。


もうすぐあの山の目の前まで行けるのだ!


両側にそびえる崖。高さに圧倒


岩の間から滝が生まれる


マチャプチャレが隙間から顔を覗かしている


花も咲いていて気持ちが良い。


登ってきた道を振り返る。なんとも豪快な地形だ。

| ケン&チコ | アジア(ネパール) | comments(0) | trackbacks(0) |
アンナプルナトレッキング その3 -サンクチュアリ-
9/28:MBC     → ABC
9/29:ABC     → ダバン
9/30:ダバン   → ジヌー
10/1:ジヌー   → ナヤプル


MBCは寒かった。少し頭痛がする。

雲が発生して真っ白な世界になったり、いきなり消滅して視界が開けたりと外の様子は急速に変化する。

日が傾きだしてマチャプチャレが輝いている。

MBC(マチャプチャレ・ベース・キャンプ)と言うだけあって、ロッジのすぐ目の前にマチャプチャレがズドーンっと存在してカッコいい。


MBCからのマチャプチャレ



翌朝は超快晴!雲1つ存在していない。アンナプルナサウスが輝いている。服を着込んで暫く明るくなる様を楽しむ。


白く浮かび上がるアンナプルナサウス




MBCからABCまでは1時間半の距離。すぐそこ。

日が差して暖かくなってからスタート。写真を撮りつつ2時間以上かけてABCを目指す。


あまりの絶景に幾度となく足を止める。深呼吸をする。

ここは聖域と呼ばれるのに相応しい場所だ。


川沿いにABCを目指す。なんて贅沢なトレッキングルートなんだろう


サングラスに写る白い山々。本当に眩しい。


ABCに到着!仲良くなったスペイン人の新婚さんと。


ABCから見るマチャプチャレも最高だ!!




昼過ぎになるといつもの様に雲が発生してくる。

雲の動きはおもしろい。特に高い山の周りの雲は常に姿を変え続け、見る者を飽きさせない。


一刻一刻と姿を変える


ABCで会った日本人トレッカー達と



何も見えなくなるとすぐに温度が下がる。着込んで室内に逃げ込む。

ABCで出会ったクニタカ夫婦とトモちゃんの5人でワイワイ過ごす。いろんな旅のスタイルがあって面白い。時間はあっという間に経っていく。山が見えるとカメラを持って外に出る。


ガイドやポーターが外でバレーボールをしている。ちょっと参加したかったけどさすが4000m以上での運動は危険だからしなかった。





翌朝はいつもより早起きしてスタンバイ。

日の光を受けて輝く山を眺める。


輝きを放つ。1日の始まり。


『白』が眩しい


アンナプルナ気料阿



当初は2日は滞在したいと思っていたABCだけど、すでに最高の景色を十分に楽しめたという気がした。本当に満足している。

頭もちょっと痛いし下りることにしよう。


何度も振り返ってしまう絶景・・・。



下山も楽じゃない。普通でも3日はかかる。目的が帰ることになるとなぜか長く感じてしまうのは不思議な感覚だ。


やっとチョムロンまで戻ってきた!!あと半分?!



ジヌーで久々の温泉に浸かる。37度の低温風呂。日本の温泉レベルはとてつもなく高いので、海外の温泉はあまり期待していなかったけど、思ったより良くてのんびりできました。

ただし、ホテルから20分以上下ったところにあるので、戻るときは30分くらいかけて戻ることに・・・。疲れが取れたようでまた溜まる(笑)


いやー極楽極楽♪日本+韓国+中国のアジアシスターズ




とにかく12日間、無事に歩けた。ガイド・ポーターなしで自力で歩ききった。一番心配だった天気にも恵まれた。

目を閉じると白く輝く山々がたくさん焼き付いている。今はやりきった感と満足感で胸がいっぱいだ。




ありがとう!アンナプルナ。




帰りの段々畑にて


ポカラにて。湖畔からのアンナプルナ連邦。

| ケン&チコ | アジア(ネパール) | comments(6) | trackbacks(0) |
エベレスト&ゴーキョ!ヒマラヤトレッキング20日間
旅の締めはネパールのトレッキングと決めていた。もちろんエベレストをこの目で見るためだ。

期間はフライト日を含めて20日間。

こんなに長く山に篭るのも初めてだし、4000m以上の高地を歩き続けるのも初めてのこと。

アンナプルナと同じく、ガイド・ポーター無しで挑んだ。


ピークシーズンということもあり、トレッカーは多く、道に迷うことはない。

心配なのは『高山病』だけ。



自分はチチカカ湖で、チコはキリマンジャロの登頂からの下山中に軽い高山病を体験している。

はっきり言って同じような状況になったら、勢いで先に進むことなんて絶対できない。


予定とした日数からするとカラパタールとゴーキョの両方行くことは可能だけど、もしどちらかに高山病の症状が出るようなら、たっぷり時間を使って高度順応してカラパタールだけでも行けたらいいと思っていた。




高度を上げるときは、まるでカメの様に進んだ。

でも一歩ずつ足を踏み出していればいつかは目的地に着く。








そして、とにかく歩ききった。

やりきった。

カラパタールだけでなく、エベレストベースキャンプもゴーキョも行けた。レンジョパスも越えることができた。

心配していた高山病も問題なくクリアした。



今年の10月は例年に比べて天候が安定せずに、曇りだったり、雪や雨の中を歩くこともあった。

でも、8000m級の山々がそびえるこのトレッキングコースは本当に格別だった。

青空が広がると前後左右どこを見ても白く輝く氷河をまとった山がそびえている。

歩くだけでも最高に気持ちがいい。




最高到達地点であるカラパタール(5550m)やゴーキョ・リ(5360m)からのエベレストの姿は本当に堂々としている。カラパタールでは曇りがちな天気だったけど、ゴーキョリでは快晴の中、サンライズとサンセットをみれた。


ゴーキョを目指す。チョ・オユーが前方に白く輝く


3時半出発。早朝組みはうちらだけだった。星空を見ながら登る。


本日は快晴の予感!(前日は雪でした)


無事ゴーキョ・リに到着


貸切で日の出スタート!



14時半。サンセットを見るために再びゴーキョ・リを目指す。この時の天気は曇り。でも2時間後はどうなっているか分からない。信じて登るのみ。




そして奇跡が起きる。



途中、ガスで何も見えなかったのに、登頂30分前あたりからいきなり雲が次々と消える。

サンセットの始まる5時には雲は完全に消滅!

この時間に山頂まで来たのは、たったの3人だった。




日の入りとともに徐々に薄い赤からピンクに、そして深い青色へと移り変わっていく空の色。赤く染まるエベレスト。そのすぐ横に現れる満月。


音のない世界で2人で静かに見守った。


サンセットの始まり。エベレスト、ヌプチェ、ローチェ、そしてマカルー。


エベレストが赤く染まっていく


空色も刻々と変化する


光のラインが空に浮かび上がる!


満月がエベレストの真上に輝く



翌日、レンジョパスを越えて下山開始。長かったトレッキングもようやく終わりに向かうことになる。


レンジョパスでは最高の景色が広がっていた






2人で歩けたこと。そして無事にカトマンズまで戻ってこれたこと。心の底から満足している。




トレッキングの詳細は帰国後にまとめようと思う。

■■■ トレッキング概要 ■■■
[01]10/8
カトマンズ→ルクラ(2840m):フライト
ルクラ→パクディン(2610m)

[02]10/9
パクディン→ナムチェ(3440m)

[03]10/10
ナムチェ⇔クムジュン(3780m):高度順応日

[04]10/11
ナムチェ→ティンボチェ(3860m)

[05]10/12
ティンボチェ→ディンボチェ(4410m)

[06]10/13
ディンボチェ⇔チュクン(4730m):高度順応日

[07]10/14
ディンボチェ→ロブチェ(4910m)

[08]10/15
ロブチェ→ゴラクシェプ(5140m)
ゴラクシェプ⇔エベレストベースキャンプ(5364m)

[09]10/16
ゴラクシェプ⇔カラパタール(5550m)

[10]10/17
ゴラクシェプ⇔カラパタール中腹
ゴラクシェプ→ペリチェ(4240m)

[11]10/18
ペリチェ→ポルトセ(3810m)

[12]10/19
ポルトセ→マッチャルマ(4470m)

[13]10/20
マッチャルマ→ゴーキョ(4790m)

[14]10/21
ゴーキョ⇔ゴーキョ・リ(5360m):サンライズ

[15]10/22
ゴーキョ⇔ゴーキョ・リ(5360m):サンライズ
ゴーキョ⇔ゴーキョ・リ(5360m):サンセット

[16]10/23
ゴーキョ→レンジョパス(5360m)
レンジョパス→ルンデン(4380m)

[17]10/24
ルンデン→ナムチェ(3440m)

[18]10/25
ナムチェ⇔ヒマラヤビューホテル
ナムチェ→モンジョ(2835m)

[19]10/26
モンジョ→ルクラ(2840m)

[20]10/27
ルクラ→カトマンズ:フライト
■■■■■■■■■■■■■■■■



この旅で自分の行きたかったところ、したかったことは全部終了した。あとは余韻を楽しんで帰るだけだ。

いよいよ日本がみえてきた。

| ケン&チコ | アジア(ネパール) | comments(5) | trackbacks(0) |