<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

サハラの麓で
2泊3日砂漠ツアーの後、僕らはマラケシュに戻らずにリッサニで降り、メルズーガのホテルに向かった。サハラをもっと満喫するためだ。

そしてそのホテルはなんと日本人宿。砂漠の麓の小さな村に日本人が住んでいるのだ!宿主のノリコさん、本当にやさしくていい人。宿も居心地良い。マラケシュの騒音がウソの様な静けさ。本当に心が和みます。

それに加え、出迎えにはワイナポトシ登山部のナオヤくんが!いやービックリしました。マチュピチュ麓のアグアカリエンテス村に続き2度目の再会。ルート的にスペインかモロッコのどこかで会うかも。。。とは思っていたけど、まさかメルズーガとはね。


中庭が花でいっぱいでした。


宿はメルズーガのHassiLabiad村にあるのですが、なんと言ってもロケーションが素晴らしい。サハラ砂漠徒歩圏内。すぐそこには広大な砂漠が広がっているわけです。

だからと言って砂漠意外は何もないので、特にやることはありません(笑)

しかも昼間は5月末の夏前とはいえ灼熱なので、基本は外に出ずリビングでまったり。本を読んだり話をしたり、ウトウトしたり。。。超ロングリラックスタイム。こんなのんびりは久しぶり♪


すぐそこに砂漠が見えます




夕方、気温が下がり日が沈み始める頃、宿から見える一番高い砂山へ。

目的はもちろんサンセット。



昼間真っ白に見えていた砂が、夕日に照らされてどんどん赤く染まっていく。砂山に影ができ、より立体的に見える。

乾ききった風がヒンヤリして気持ちいいくらい。風向きも気のまま、少しずつではあるけど砂山の形が日々変わっているのが分かる。


はしゃぐ気持ちもわかります(笑)


足長夫婦


波々模様〜



山頂までは約45分。いくつかシンドイ坂が待ち構えている。硬さもいろいろ、ズボズボ埋まるところもあれば、コンクリートのようにカチカチだったり。着く頃にはアキレス腱はパンパンになる。


近いようで遠い!


人はちっぽけなもんだ



あとは夜への移り変わりを腰を下ろして楽しむだけだ。音は風のみ。見えるのは一面の砂と小さな村。

今日したことと言えば、この砂山に登ったことくらいだ。でもなんだろうか・・・この満足感。マラケシュで見た夕日も良かったが、砂漠の夕日はまた格別に良い。空と砂が表現するコントラストが最高に綺麗。デジカメでは写しきれないのが残念でしょうがない。










ただただ眺める


今日も1日ありがとう




最終日は早起きしてサンライズも!
ちょっと着込んで懐中電灯片手に出発。真っ暗な中をひた進む。

空色は劇的に変化をしていく。


空が赤く染まってきた


御来光。。。


冷え切った砂に太陽の光が広がる


波紋ならぬ砂紋


この風景を見るためにメルズーガまで来た気がした。1日の始まりと共に心が満たされていくのを感じた。

| ケン&チコ | アフリカ(モロッコ) | comments(0) | trackbacks(0) |
ティトアンでのひと時
ティトアンは白色で統一されたメディナ(旧市街地)が世界文化遺産に登録されている街。

しかし、ガイドブックに取り上げられているページ数は少ない。それ故に、そこに紹介されている安宿は2件ほど。

そしてこの街にも、悪質ガイドがいると言われているのだが、安宿探しにうろうろしていた私達は、声をかけてきたモロッコ人に着いていってしまった。

私達が納得のいくまで、ホテル探しに3〜4件付き合ってくれたし、「気持ちのチップ」を要求するのみですぐに去ってくれた。この人は運よく当たりだった。



そのホテルの入り口には思いもかけず、日本語のウェルカムメッセージが、、、


こんなところで日本語を見るとは!


宿の名は「ペンションガセラ(Pension Gacela)」
シャワー(お湯OK)&トイレ共同、キッチン無し:1人=50DH


トイレはアラビアンスタイルしかないけど、常に綺麗。最初はアラビア式が苦手だったけど、慣れればOK。水が流れないこともある様式よりは、絶対に流せるアラビア式の方が安心かも(このタイプのトイレには必ず水道とバケツが用意してあって、自分で水を汲んで流すのだ。)。お部屋も清潔で、シーツも綺麗だった。

しかも、昔のアラビア式のお家を改装したホテルだから、所々にアラビックな雰囲気が残っていていい感じでした。


元中庭のロビー


吹き抜けになっています


部屋は真っ白で清潔でした。


安宿はメディナの中



そして、何より心温まったのは、宿主のノーディンがおもしろく、親しみやすい人だった。もちろんモロッコ人。いつも顔を合わすと笑顔で挨拶してくれる。

その笑顔にいつもモロッコ人から感じる「裏なる心」はちっとも混じってない。ちなみに、日本語は「乾杯」しか知りません(笑)。入り口の日本語は旅行者に書いてもらったものらしい。


そして彼は、茶を飲もう!とよく誘ってくれる。彼はかなりの「お茶」好き。

一緒になって茶を飲む私達。慣れない英語や身振り手振りで世間話をしたり、木製のパイプを使ってタバコをふかすノーディンを眺めたり。とても居心地のいい時間を過ごすことができる。



しかも、、、

いったいモロッコ人は何を食べてるの?

って、いつも疑問に思っていたことを尋ねたら、

じゃあ今から作るから一緒に食べようと言って夕飯に誘ってくれた。かと言ってノーディンが料理するわけではなく、お手伝いさんか、近所のお母さん的な人が作る(笑)。

ジャガイモ&たまねぎ&お肉の炒め煮込みのようなものが1鍋出来上がる。カレーのようなスパイスが効いていた。主食はパン。パンをちぎり、それで鍋の具をすくう様にして食べる。もちろん手で。スプーンやフォークは一切使わなかった。これが意外にうまかった!

気が付けばノーディンの友人が集まり5〜6人での夕食となった。


手前が宿主のノーディン



食後には、ノーディンが色々なハーブや薬草をチョイスしてオリジナルティーを作ってくれた。これもまた、今まで飲んだことがない風味。食後にピッタリ。おいしかった。談笑を交えながら、気が付けば夜中の0時を過ぎていた。

初めて安心して触れることのできた地元モロッコ人。みんないい人達ばかりだった。


ノーディンに教えてもらって、ケンは地元の床屋にも挑戦!シャンプーサービスはないが、カットのみで150円!!仕上がり上々です!久しぶりの坊主頭。撫でるとシャリシャリ感があって、たまりませ〜ん♪


頭を鷲づかみされてますw



ちなみに、世界遺産のティトアンのメディナですが、思ったよりも・・・うーん・・。見慣れてきたから??

展望の良いカスバ(城砦)に行ってみると、そこはボロボロで人気もなくお化け屋敷の様。(よく言えば、昔のままの姿で残っているといえるかも)周りはゴミだらけだった。


朽ち果てるカスバ


見晴らしは良いけど、実は写真の右下部分には駐車場が広がっていて台無し。



ティトアンからバスで1時間半のところにあるシャウエンの町並みのほうがよっぽど見る価値があるな、と思った。


白と青に飾られた街


メディナはやっぱ遠く眺めた方が見ごたえあるね!



ティトアンで泊まるなら「ペンションガゼラ」、オススメですよ♪


場所はメディナの中です。

| ケン&チコ | アフリカ(モロッコ) | comments(0) | trackbacks(0) |
二度と来るかボケー!!!
モロッコからスペインには船で渡る。ライアンエアーを使えばかなり格安でヨーロッパ各国に飛べるのだが、ジブラルタル海峡を船で渡りたいのだ。

なぜか当初からそういう思いがあった。

3週間、十分すぎるほどにモロッコを味わったので、スペインに行くため港町タンジェに移動した。ここからは数10km先のヨーロッパ大陸を見ることができる。




国境近くの町は、まだモロッコ事情がつかめていない旅行客が多く、それを狙う悪党が多い。


バスターミナルから旧市街地のメディナへ。
ここのタクシー、メーターついてません(都市部はメーターついてた)。この時点でもう相当めんどくさい。行き場所を言うが伝わらない。とりあえず乗れって言う。

バカか!

そんな手にはのらない。
地図見せても

???って顔してる。

コイツはダメだ。次のタクシー運ちゃんと話をする。


とりあえず場所は通じた。次は料金だ。
「キンセ(スペイン語で15)」

問題ない。やたらと話してくるがフランス語だ。後ろ見ないで前見て走れって日本語で言ってみる(笑)。ちゃんと行き先があっているか地図でずっと確認をする。


無事辿り着いたが、

「15DHじゃない、15ユーロだ」

とか言いやがる。どこの町でも市内移動はだいたい10〜15DH(1〜1.5ユーロ)が相場。10倍のボリ率。2人してため息。

もういいかげんにしろやー。この手の詐欺師はちゃんと取り締まってもらいたい。もう交渉とかも面倒なので、何言ってるか分からない振りして15DHを渡し、笑顔でお礼を言って降りる。後ろからわーわー聞こえたが無視。いつかギャフンと言わせたい。




次はフェリーの時刻や料金を確かめに港へ。

スペインのアルヘシラス行きを問い合わせると、

ここからは出なくなった。
タリファ行きしかない。
高速船のみで370DHだ
アルヘシラス行きはここから40km先の新しい港から出ている。
そこにはタクシーのみで300DHずつだ。

という返事が。
あーもうその類のウソはおなかいっぱいです。まったく信用できないので他にも聞いてみる。

すると信じられないことに皆同じ事を言うので、タンジェからはタリファ行きしかないのは正しいようだ。そして3週間前に新しい港がOPENして、アルヘシラス行きはそこから出ているという情報も間違いないみたい。どこまでグルになっているか分からないので、気付いたら全ての代理店に足を運んでいた。

ただ新しい港には、無料バスが出ていた。ここから出るフェリーに乗せることだけに必死だ。


長くジブラルタルを味わうために、新しい港からアルヘシラスに出ているフェリーを選択。「新しい港」にもちょっと興味あるし。

やっとチケットを購入。1年間オープンだからと言われたが、思いっきり日付入ってる。。。まぁ乗りたい時間だったし問題ないことにしよう。




次の日、新しい港に向かう。
まだまだ作りかけの段階であっさりしていた。
無事出国スタンプをもらい、船に向かう。

船にはバスで向かうのだが、待つところもなく、ただバスの中で乗り込み開始まで待つ。モロッコ最大の港とか言ってたからさぞかし快適かと思ったけどそんなことなかった(笑)

ようやく乗り込む時間になり、フェリーまで行くとポリスチェックが始まった。
そして何故か、出国させないとか言い出した。

あーこれが地球の歩き方に書いてあるヤツか

と思いながら理由を聞く。


どうやら本当に日本人かどうか、偽造とか盗難パスポートじゃないか疑っているようだった。


何を言っても、NO!


いやいや、本物だって。





そして警察事務所に連行。。。キャー。





5人くらいに囲まれて、パスポートとにらめっこ。
この辺が違うとかあの辺がちがうとか、好き勝手言いまくってる。

そりゃ数年前に作成したばかりだし、オレ髪切ったばかり、チコはノーメイク。こっちの人には日本人、韓国人、中国人の違いは分からないだろうけど、疑い過ぎだって。


パスポートと同じ名前のクレジットカードとか持ってるしさ。



日本大使館に電話してくれって言っても取り扱ってくれないし。



むちゃムカついたけど、本物の警察に歯向かうとさらに良くないのでただただじっと我慢。





1人最後まで納得しない警官いたけど、とりあえずOKもらって急いで時間ギリギリのフェリーに駆け込んだ。もう気分はジブラルタル所ではない。しかも天気悪いし・・・。





二度と来るかボケー!!!





ジブラルタルを渡る。めっちゃ天気悪い↓


行きの飛行機から見たジブラルタル。


初アラビア圏のモロッコ。
思い返すとうちらには強烈でした。チャンチャン。。

| ケン&チコ | アフリカ(モロッコ) | comments(0) | trackbacks(0) |