<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

6088Mへの挑戦
ラパスに来るまで全く知らなかった山「ワイナポトシ」
標高6088M。
ボリビアの最高峰とうい訳でもない。
ラパスから見える山、きれいな山。
ガイドツアーで登れる山。

まさかこの山に登ることになるなんて・・・

きっかけはラパスのホテルで、コウダイ君に出会ったこと。3800Mのラパスでさえ歩くと息苦しいのに、これより高い山に登るのはあきらめ掛けていた私たち。そんな時に、ワイナポトシ登山に誘われ、山魂に再び火がつき、一緒に登ることになった。

話は盛り上がり、気付けば日本人6人でツアーを申し込んでいた。

ツアー申し込みはあっさり。6000M越えの登山にしては、登山経験などの質問事項一切なし!器材のチェックもなし!初心者でも大歓迎といった感じ。

ついついいつもの様にトレッキングに行く気持ちで当日を迎えた。メンバーもみんな陽気で楽しい人たちばかり。なんだか観光ツアーに行くような気分だった。

初日、2台に分かれてワイナポトシの麓4800Mの山小屋に到着。


来る途中に青空にくっきりとうかぶワイナポトシはキレイだった。



標高5000M近いだけあって少し動くだけでも息苦しい。目の前のトイレに歩いて帰ってくるだけでも息が切れる。

お昼後、登頂に向けてのトレーニング。アイゼン&ピッケルを手に持ち、近くの氷河へ。

そこではまず氷上の歩き方、斜面の登り方を教わった。それから雪(氷)壁の登りかた。つま先のアイゼン刃を壁に蹴りこませ、ピッケルを壁に打ち付け体を持ち上げる。1〜2M上がっただけで、息も切れるし、降りる恐怖がこみ上げてきた。つま先のアイゼンをうまく壁に打ち付けられず、滑り落ちる人もいた。なかなかのスリリング。スパルタ特訓。


特訓の締めは5Mの壁を登る。

さすがにロープつき(笑)
登るのも怖かったけど、ロープで降りるのもこわかった・・・


「さすがに初心者OKの山で、実際にこんな事はないだろう。」と、みんな口々に言い合った。「きっといざってときの練習。もしくは、イベント的な特訓だろう。」と、みんな自分に言い聞かせていた。「こんな経験ができてラッキー」って、私も思っていた。


2日目
全荷物を背負って5200M地点の山小屋まで3時間足らずの登山。が、、、私には、これが予想以上に辛かった。何が辛いって息ができない辛さ。特にザックを腰と肩で背負っているから、お腹が締め付けられて腹式呼吸がしずらくなり、吸っても吸っても楽にならなかった。



いざ出発!


常に最後尾。

高山病にかかるのも怖かったので、本当にゆっくりゆっくり。亀より遅いんじゃないかってくらいゆっくり登った(笑)


山小屋のすぐ横には氷河。

その日は夕方18時には就寝。体は重いけど、なかなか眠れなかった。酸素が薄いため、眠りに入り始め、呼吸が浅くなった途端に息苦しくなって「ぷはーっ!!」って感じで目が覚めてしまう。大いびきで寝ている外人もいるのに、、、、。

3日目
深夜0時前、ガイド隊長のミゲルに起こされる。眠れなかった割には、眠気はなかった。興奮しているのか、意外と体は冴えていた。

山小屋から歩いて5分足らずで氷河到着。プラスチックブーツにアイゼンを装着。私たちは歩くのが遅いためみんなよりも一足お先に出発。必要最小限の荷物(水、お菓子、ダウンなど)はケンがサブバックに入れて持ってくれていたので、私はピッケルとストックのみを持つ。腹部の締め付けもないので昨日よりも数倍呼吸が楽。それでも3歩歩けば呼吸がすぐに乱れぜーぜーしてくる。

3時間くらい経ち、5500Mを越えたくらいからはさらに息苦しい。体全身が酸欠を訴えてくる。

気温も下がり始め、水飲み用のホースも凍ってしまった。

息をどれだけ深く何度吸っても苦しい。筋肉も酸欠になるのか、足がしびれてくる。お腹がグルグルいいだし、下すんじゃないかという不安に襲われたり、気持ちが悪くなってきて吐き気を感じたり。一度休憩して、呼吸を整えるとこれらの症状は治まってくるのだけど・・・

そんなことの繰り返し。

苦しいけれど、空を見上げれば星空、流れ星も見れた!足元を見ているだけでも、ヘッドライトで雪面が照らされて、キラキラ輝いている。一歩進むたびに、新しい地面がキラキラ光る。その光に励まされるように足を伸ばした。

苦しい登りだったけど、そんな思い出の方が今はくっきりと心に残っている。

不思議。


体力もついに使い果たし、気力だけで登った。そんな気力も限界に来た頃、最後の試練が・・・。登ることはないと思っていた雪の壁・・・

暗闇に飲まれて、どこまで続いているのか分からない雪壁にガイドが登り始めたのだ。一瞬気が抜けた。登れるわけがないと思った。

でも、ココまで頑張ってきた自分が、ここで引き返したら納得できないと訴えてもいた。みんなも同じ気持ちだったと思う。辛い、キツイ、これ以上歩けない。


引き返したくない!
登頂したい!

このシンプルな思いだけで、体を動かした。

登頂したい!そうはっきり思ったのはこのときから。そのおかげか、意外に持ち上げる私の体は軽かった。なぜだか分からないけど、ワクワクドキドキしていた。目的に確実に近づいていたからだろうか。

なんとか全員雪壁をよじ登ると、ラパスの町明かりが見えた。風も吹いてきて、体温を奪っていく。

そんな中、幅50センチ足らずの山の背を歩く。


そして、、、



ついに山頂!!!

みんなが待っていた。マッキー、ナオヤくんそしてケイスケくんも!!

コウダイくんが涙と共に達成の喜びを叫んだ。私たちもその姿に押されるように、感極まって涙が自然と溢れた。

できた!やれた!みんなで登頂を果たせたんだ!!

初心者3人を引き連れ、見事登頂を叶えてくれたガイドのルシオには本当に感謝!
「ありがとう!」
を3人で何度も言った。



山頂までの最後の道のり。幅セマッ!!


6人全員登頂成功!!感動しまくった〜。


朝焼け直前の6000Mからの眺めは絶景!眼下には雲海も広がり、夜と朝の入り混じった色をしている。なんてキレイなんだろう。




朝焼けの始まり


目の前には雲海が広がる


でも、ボーとしているまもなく、全員で写真を撮ったら下山命令・・・。感傷に浸る暇無し・・・(笑)

体力・気力も使い果たし、目的も無くなった帰り道はより過酷だった。ヒーヒーいいながら、休ませろーと文句を言いながら、ルシオに引きずられるようにして下山した。

夜中、登山中には全く見えなかった銀世界が、どこまでも輝いて続いていた。



山頂から下り、ちょっと一息。


ワイナポトシを振り返る。


帰りもなかなか大変です。


雪原を歩き続ける。


こんな私でも、やればできるもんだ。
でも、挑戦したからできたんだ。
仲間がいたから達成できたんだ。

こう感じることができた6088M登頂達成の体験。私の今後の人生の中でも、大きな糧になってくれるんじゃないかと思う。


Byチコ

| ケン&チコ | 南米(ボリビア) | comments(10) | trackbacks(0) |