<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

マルタ's HOUSE
『マルタ's HOUSE』

私たちが9泊させてもらった宿を、親しみを込めてそう呼んでいる。
正式名「PUKA RANGI UKA」(意味は不明・・・イースター島の言語:ラパヌイ語である)ここの女将の名前がマルタさん。日本人バックパッカーの間でも強面の顔で有名らしい。

ところで、南米では、宿の客引きはよくある事で、イースター島の空港に降り立ったときも、出口付近には大勢の客引きが待ち構えていた。

そこで私たちは、「テント泊にするか」「ベットのある安宿にするか」悩んでいた時、にらみつける様な顔つきで私たちを誘ってきたのがMs.マルタであった。手には日本人の宿泊客が書いた客寄せ用のメッセージノートを持っていた。それを見たとたんに、ケンが「マルタ's HOUSEって聞いたことある」と、言い出した。「どっかでこの宿のこと読んだぞ、、、怖い顔してるけど優しい人ってことで有名だったような」

まさにその通り、眉間にしわを寄せていて、今にも怒り爆発!な顔をしている。でも、日本人の情報ほど信用できるものはない。しかし、テント泊と迷っていた私たちには、やっぱり宿泊は高いので渋っていると、どーんと値下げ提示!!テント泊と一人3ドルしか違わない値段になった。雨風が強いかもしれないし、トレッキングしにきたわけでもない。ちょっとリゾート気分にもなりたかったので、マルタ's HOUSEに泊まることにした。

が、、、マルタ's HOUSEは汚かった、、、。

どうやら暫く宿泊客がいなかったみたい。部屋は一見綺麗だが、埃くさく、湿気じみている。すぐにドア&窓を開けて換気開始。ベットのシーツはベットメイキングこそしてあるが、明らかに前のまま。触るとなんかザラザラする。
ひ〜!!

でもその割には、トイレ&バスが綺麗だったので「しょうがないか」と、ここに滞在する決意をした。

決意後、キッチンにいくと、またまた汚い・・・。食器は洗ってあるのに、汚れが!!ガス台もススだらけで、5つあるコンロのうち3つしか点かない。しかも不安定でたまに「ボッ!」と音を立てて消える。

またまたここに住む決意が揺らぐが、「住めば都!」と、言い聞かせてみた。

庭やラウンジは広くて植物もいい感じで植えてあり、外で座ってお茶をするには、リゾート気分満点!であります。しかも、庭にはパパイヤの木があり、いつでも採って食べていいのだ!タダで南国フルーツが食べれるなんて、最高じゃない!?その日以来、熟してきたパパイヤを見つけては収穫する私たち。10日間いて、合計5個もパパイヤ食べちゃいました♪これまたうまい!!

そんなこんんで、初日の夜、住みにくいところは、自分たちで快適にするしかないね!!と、ケンと話す。前向きな私たちであった。

が、寝るとき・・・シーツのホコリを払いつつ、枕をどかすと、長さ1センチくらいの白い幼虫が這っている。
・・・・
ぎゃー!!

すぐにケンがデコピンでその幼虫を退治するも、心臓バクバク

その夜以来。布団の中には入れずに、ベットの上に寝袋で寝る生活を続けたチコでした。

ちなみに、それから3日後に綺麗好きのおばちゃんエリッタが登場!(アパート代わりに住み始めたみたい)このエリッタのおかげで、キッチンは急変!どんどん綺麗に快適になっていった。

5日後にはイースター島の祭りが始まり、当初3人しかいなかったこの宿も賑わうようになった。人が住み始めると、やっぱりどんどん綺麗になっていく。人が住むって、人が集まるって凄いことなんだな、とお互いに実感させられた宿でした。

そして、ここ、イースター島では、多くの日本人旅行者に出会うことができた。たくさんの南米情報をもらったおかげで、今後の南米計画が一気に安定した。みなさんありがとうございました!このお礼はいつか日本で!!!


南国風な宿の看板


庭はいい感じなのになぁ・・・


パパイヤ収穫


チリ名物エンパナーダ。中にはマグロがたっぷり!


By チコ

| ケン&チコ | 南米(チリ) | comments(2) | trackbacks(0) |