<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

パイネサーキット10泊11日 その2
□5日目
雨は激しいまま、まだ止んでなかった。今日は距離が短いので止むまで待つことにした。昼まで待てども止まず・・・。仕方なく雨の中ドロドロのテントを片付けて出発。雨が降ると本当に寒く感じる。片付けと準備で手はすでに冷え切っている。

Grey氷河の見渡せるポイントは無数にあった。天気が良ければこんないいトラックはないのに・・・。体が冷えないようひたすら歩く。

「過酷」

こんな言葉が頭を過ぎる。1年間という時間を使ってまでしたかったことは、こんな過酷なことだっけ?って自問自答を繰り返す。正直シンドイ。目的が次のキャンプ場への移動になってる。

1つ嬉しかったことは今日のキャンプ場Campament Greyにホットシャワーがあったことかな。


Grey氷河の先っぽまで来ました。


クレパス部分の青色は本当に濃いなー。


Campmento Greyに到着。悪天候でもこのテントの数。パイネの人気具合が分かります。


□6日目
天気が良ければGrey氷河でアイスハイクをするつもりだったが、今日も良くない。2日目以降5日連続で天気には恵まれていない。運がないのかパイネがそういう場所なのか・・・。1日停滞して天候回復を待っても良いが、まったく期待できない。サーキットを完歩することを最優先にして次のPaine Grandeを目指すことにする。

ここからは「W」というパイネで最もメジャーなコースに入るので日帰りトレッカーも多くなる。

天気は次第に悪化。パタゴニアの風も雨と共に吹き始めたLaguna Los Patosが思いっきり時化ている。追い風なので辛くないけどフラついて危険だった。残り1時間くらいは雨も酷くなった。

もはや修行の領域だ。本気で山小屋(と言っても超快適なロッジ風)に泊まろうと考えたが思いとどまる。強風にテントを持っていかれないように最新の注意を払って設置。吹き飛ばされたテントの残骸があり、強さを物語っている。体の冷え具合はもうギリギリのラインだった。

明日、もし同じような天気なら山小屋に泊まり、サーキットだけはなんとか完歩して、「W」は後日再チャレンジして歩き直そう。

気持ちもギリギリのところ、もう折れてもいいのかもしれない。明日の天気が良くなりますように!と毎日お願いしていたけど、もうお願いするのはやめた。

どんな天気になっても完歩だけはする。
楽しむ余裕はこの時点ですでになくなってしまった。テントの中のコーヒータイムとご飯が唯一の楽しみだった。

夜中も今までで一番の強風がずっと吹き続けた。テントは聞いたことのないギシギシという音を発し、揺れまくった。風の塊がテントにぶつかる度に、体まで動いた。寒いのに加えて風の恐怖でまったく寝れなかった。

「どうかテントが壊れませんように・・・」
祈るような思いだった。


Grey氷河を何度も振り返りながら先に進む。


風がとにかく強い。


□7日目
風は止んでいなかったが雨は降ってないようだ。まだ朝早いが一応外の様子を確認する。すると目を疑うような光景が広がっていた。快晴。空は澄み切っていた。急いで外に飛び出る。昨日は雲に覆われて何もなかった場所にCero Paine GrandeとCuernos del Paineが堂々たる姿を見せている。

この存在感はハンパない。しかもちょうど朝焼けが始まった。みるみる赤く染まる山々に息を呑む。風が当たらないところで暫く眺め続けた。湖の向こうからはゆっくりと太陽が上がってきた。こんな眩しい光は本当に久しぶりな気がする。

僕らは最高の朝を迎えた。
パイネサーキットを始めて7日目。初めて心底感動した。

昨日までの敗北寸前だった心は完全に消えた。予定通り「W」の真ん中の谷、Valle del Francesを目指すことにする。天気のいいうちに谷の上まで行きたいので、朝ごはんをさっと食べすぐ出発。進む先には常に絶景が広がっていた。Cuernos del Paineが本当にカッコいい。

谷の麓にあるCampament Italianoは賑わっていた。ほとんどのトレッカーはここにテントを張り、身軽な格好で谷を登る。谷の上で思う存分満喫したいと考えていた僕らは、荷物を持ったまま登りCampament Britanicoでテント泊をしようと決めていた。

なかなかの急坂で風もあり苦しかったけど、左手に見えるFrances氷河が励ましてくれる。白く輝いていて眩しい。Grey氷河とはまた違った存在感があって魅力たっぷりだ。

ミラドールではゆっくりと景色を楽しんだ。尖がった岩山群に氷河。360度とんでもない風景に囲まれている。特にCuernos del Paineを形成する4つの岩山(Cerro Espaca, Cerro Hoja, Cerro Mascara, Cerro Norte)は格別なオーラをまとっていた。

ジワジワとパタゴニアに来ていることを実感していく。日差しは強烈だが暖かい。こうして外でのんびりくつろげる日が来るなんて思ってもみなかった。

最後に深呼吸をしてパイネにお礼を言い、キャンプ場に戻った。テントは4組。久しぶりに静かな夜を迎えれそうだ。


前日には考えれない程の快晴。この後綺麗な朝焼けが始まる。


Lago Pehoeから上がる朝日。清々しい気分になります。


堂々たるCero Paine Grande。


Cuernos del Paineを見ながらFrances谷を目指します。


橋を渡るとFrances氷河がひょっこり顔を出しました。。


麓からCuernos del Paineを見上げる。


Frances谷の奥に広がる大自然。


□8日目
まずは早朝天気チェックと外に出ようとした瞬間。いつもと何か違う雰囲気を感じた。
・・・
テントに穴が開いている!!!
そして朝食用のオートミールにシリアル、ゴミが散乱している!!!
・・・
ぎゃー、ネズミにやられた!!!

テンション激落ち↓
朝焼けもミラドールまで行けず・・・

しかもテントの中にまだネズミはいた!一緒に夜を越したようだ!!思わず掴んで外に投げ捨てる!!!

暫く放心状態。。。


気を取り直してご飯を食べテントを片付け、目的地のLas Torresを目指す。距離は22km。ここまで辿り着ければほぼサーキットしたことになる。いよいよゴールが見えてきた。

小さな上り下りを繰り返す。全くの無風で少しでも日差しがあると暑くてたまらない。量の減った朝食とクラッカー昼食ではお腹が持たず、明らかな体力切れ。荷物は最初に比べてかなり軽くなったはずなのに重く感じる。

残り4kmくらいでホテルラストーレスが見えたがなかなか近づかない。ラスト1kmは砂利道。車の巻き上げる砂埃にイライラしながらなんとか到着。

思った以上に遠く感じた道のりだった。十分に履き慣れたはずのブーツなのに、足の裏が痛い。マメでもできたのだろうか。

キャンプ場からはトーレスの頭の部分が見えた。
・・・見える所まで帰ってきたんだ・・・。
やっと実感できる1つの達成感。

テントを設置して改めて穴を確認。ニュージーでもネズミの存在に気をつけながらトレッキングしてたのに、完全に気が緩んでいた証拠だ。


Los Cuernosからは看板も設置されるようになりました。


歩いてきた道を振り返る。


テント場から8日ぶりにトーレスとご対面。

| ケン&チコ | 南米(パタゴニア) | comments(0) | trackbacks(0) |
パイネサーキット10泊11日 その3
□9日目
今日も天気がいい。早起きして日の出を楽しむ。トーレスが赤く染まっていき綺麗だ。残り3日間はTorres del Paineのすぐ麓にあるCampament Torresに連泊して最後のハイライトを堪能するつもり。今日のような赤色に染まる朝焼けを間近で見れたら最高だ。

朝焼け後、曇が広がり始め、トーレスは見えなくなってしまった。そして登り始める頃には雨に変わった。そんなに甘くないもんだ。高度が上がるにつれ寒さも増した。とりあえず今日はキャンプ場にさえ着けばいい。

最も歩く人が多いコースなので道ははっきりとしていて歩きやすい。予定タイムより早く歩けたので気持ち的には楽だった。昼食を食べ終わる頃には太陽が顔を出し始めたので、ミラドールまで行くことにする。

最後の上り坂は思った以上に急だった。ちらちらと頭が見えている。もう少しだ。そしてキャンプ場から45分、やっとTorres del Paineとの御対面。思い憧れたトーレスが目の前に広がる。ついにここまで来たんだ!!!圧倒的なその存在感。自然とは何故こんなに凄いものを創ってしまうのだろうか・・・。

日帰りウォーキングで行ける所を僕らは9日間かけて辿り着いた。長いようで短かった日々、まさにフィナーレに相応しい場所だ。
ここまで来るためにいろんな思いをした。辛い日も多かったけど、二人とも無事歩けた。相変わらず鼻水は出るけど、体調はそれほど悪くはない。風の当たらない岩陰で時を忘れて眺め続けた。こみ上げてくる思いは特別なものだった。


朝焼け!早朝からテンション上がりまくりです。


ミラドールまでは超急坂。あと少しの所まで来ました。


ついに辿り着いた!!!


□10日目
朝焼けを見るために5時15分起床。すでに他の人は動き出しているようだ。Campament Torresにテント泊する人のほとんどがこの朝焼けを目的に来ている。さすが山の上だけあってキンキンに冷え込んでいる。夜中に寒くて目が覚めたときは2.8℃だった。着込むだけ着込んでミラドールに向かう。今日も天気が良い!期待が膨らむ。

ミラドールにはすでに多くの人が待機していた。中には寝袋に入って待ってる人もいる。

しかし時間になっても赤くはならなかった。どうも光の差し込むべき位置に雲があったようだ。

気温が上がってくるとやっと肩の力が抜ける。再び寝袋に潜り込み午前は寝ることにした。移動しないので気持ちも楽だ。

お昼は非常食用に持ってきたカップラーメンと0.5合くらい残った米で懐かしのラーメンライス!サーキット後半戦はクラッカーが主な昼食だったので、いっぱい食べれるうれしさについつい笑顔になってしまう。

食後にキャンプ場から谷に沿ってCampament Japonesまで行ってみようとしたが、人通りが少ないためかルートがはっきりしない。無理に進む事をやめ、トーレスが見れる程良い場所で日暮れまでゆっくり過ごした。本当に贅沢な時間だった。


赤くは染まらなかったけど、光のラインが美しかった。


光の範囲が徐々に広がっていく。


□11日目
いよいよ最終日。山を下りる準備もするため4時45分起床。残ったオートミール&シリアルを全て食べ出発。今日も快晴だ!!
3度目のトーレスミラドール。

朝焼けは静かに始まった。1本、2本、3本と順に赤く染まったいく。
こんなに赤くなるのか・・・すげぇなー・・・
ついつい溜め息が漏れてしまう。

最後の最後に最高の朝焼けが待っていた。
あんなにシンドイと思ったパイネサーキット。一度は本気で撤退を考えた。今は心の底から満足している。

朝焼けが終わり、白く輝くトーレス。
いつものように大きく深呼吸をして一礼した。心の中は「ありがとう」の気持ちでいっぱいになった。


Las Torresからサーキット出発地点Laguna Amargaまではオフロード7.5km。多くの人はミニバスで移動するが、完歩のため歩いて目指すことにする。

離れれば離れるほどなぜか存在感の増すTorres del Paine。何度も振り返りながら最後まで歩いた。オフロードではあるが気持ちの良いトレックだった。

僕らはついに目の前に広がる「パイネ」を1周した。
1日1日積み重ねた総距離は142.5km。
初挑戦の11日間を無補給で予定通り歩き抜いた。

天気に恵まれない日もあったけど、振り返ればスパイスみたいなものにさえ感じる。
フランセス谷に続きトーレスも快晴の中、心底楽しめた。奇跡のような日々を味わえた。

この満足感を越えるトレッキングはもうないかもしれない。


パイネの他にもう一人にお礼を言いたい。
チコ、一緒に歩いてくれて本当にありがとう。



今日も快晴!ランプ片手にミラドールに向かう。


朝焼けが始まった!!


3本とも綺麗に赤く染まっている・・・。


しばらく動けなかったなー。


何度も振り返りながら最後のオフロードを進む。


ついにサーキット達成!!11日間お疲れ様でした。

| ケン&チコ | 南米(パタゴニア) | comments(0) | trackbacks(0) |
南極へ・・・
世界最果ての街ウシュアイアに到着。
初の日本人宿「上野亭」でまったり。
パイネトレッキングの骨休みのつもりでしたが
なんと翌日に出港する南極クルーズに空席があるじゃないですか!!

値段はハンパないですが、
ここまで来たら行くしかない・・・

何度も自分に言い聞かせて決断。


ということで、10泊11日!!
南極まで行ってきます≧▽≦

| ケン&チコ | 南米(パタゴニア) | comments(3) | trackbacks(0) |