<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

<< エベレスト&ゴーキョ!ヒマラヤトレッキング20日間 | main | ネパール映画 >>
火葬
せっかくネパール来たんだから、少しは観光しよう!ってことで、ヒンドゥー教の聖地であるパシュパティナートに行ってきた。

入場料は地球の歩き方の倍になっていた!500ルピー。。。ネパールの物価からするとありえないほど高く感じる。まぁせっかくだし入ることにしたけどさ。


ここはガンジス河に到底及ばないけど聖なるドブ小川が流れていて、洗濯、沐浴、火葬など淡々と行われている。

やっぱり衝撃だったのは火葬。



川辺には数体の死体が置かれ、それぞれ儀式が進められている。

日本で火葬場が観光客に対して公開されることはないし、身内以外でこのような状況に遭遇することは無い。



女の人たちが後ろで泣き叫んでいる。あまり聞こえのいいものではない。悲痛な声は、こっちまで悲しい気持ちにさせる。

そして場所を移して火がつけられる。


ヒンドゥー教はお墓を作らない。灰にして川に流す。人々の記憶に残るだけ。輪廻転生を信じているからだ。




あの火の中で今、人が燃えているんだ・・・。



対岸からで焚き木もいっぱいあってよくは見えないけど、不思議な感覚に襲われる。

さっきまで人の形をしていたのに、跡形も無くなる。



そして川に戻る。というか落とされる。作業は雑だ。まるで清掃するかのようだ。

すぐ下の川の中では少年が何かお金になるものがないか探している。

とてもカメラを向けれなかった。雰囲気を伝えるために一枚だけシャッターを切った。


ふと祖母が亡くなった時を思い出す。



うちらの結婚をあんなに楽しみにしていたのに、式を挙げたのは亡くなった後だった。

知らないうちに目頭が熱くなっていた。



人はいつか死ぬ。

100年カレンダーには遅かれ早かれ必ず自分の命日がある。



人は日々、死に向かって生きている。

どうせならぶっとい人生にしたい。

そして気持ちよく終焉を迎えたいものだ。




火葬をしばらく眺め続けた。

自分が生きていることを改めて実感できた一日だった。

| ケン&チコ | アジア(ネパール) | comments(3) | trackbacks(0) |
Meg (2010/11/04 12:01 AM)
どれくらいの人が、生かされていることを
知っているのでしょうか。。。


毎朝、目が覚めたとき、
『ありがとう。今日も生きてる』

毎夜、眠りにつくとき。
『ありがとう。今日も生きることが出来た』


そう感謝できる自分でいたいです^^


その現場はなかなか味わえる経験ではないです。

お互い、いろんなことを感じて、
めいっぱい、今を生きていきましょうね☆

矢野 (2010/11/05 2:37 AM)
今できる事は今やる、その精神で生きて行きたい、ゴミが落ちていたら今拾ってゴミ箱に捨てる、後回しにしない、そこから初めてすべての事へモチベーションを高める、目標です。
ケン (2010/11/10 12:43 AM)
> Megさま
感謝って大事だよね。1日1日を大事に。
神か何かに生かされているとしても、自分らしく生きる!ってことかな

> 矢野さま
生き方って気持ち1つ、心の持ち方で全然変わってくると思う。PMA(Positive Mental Attitude)でいきましょう!!









url: http://blog.pmalife.info/trackback/1226976