<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

<< ストリートアート | main | コルドバ >>
闘牛
スペインと言えば「闘牛」をイメージする人も多いと思う。

闘牛は華麗な牛捌き(?)が見所ではあり、1開催ごとに6頭の牛が殺される。今の時代に死の瞬間を目前で体感できる貴重な競技だ。しかしそれ故にスペイン国内でも闘牛を中止にしようとする運動があるくらいだ。

とはいえ、せっかくスペイン行くのだから見てみたい!!


セビージャに着いて速攻チケットを13ユーロでGET。

当日ルンルンで向かう。


闘牛場は白くて新しい


スタジアム内には牛の剥製が展示されている



本日の闘牛士一同が登場し、ボルテージUP。そしていよいよファンファーレと共に牛が勢い良くスタジアムに飛び出しスタート!!


闘牛士登場!


マントに向かって猛突!!!


タイミングよく、そして華麗に。



しかし事が進むにつれチコが固まりだす・・・。

チコはもちろん闘牛によって、その牛が「死ぬ」ということを知ってたはずなのだが、頭の中では、
 華麗なマント捌き&ロディオ(笑)=闘牛
になってたらしく、血に染まるその様子に耐えられなくなってた。


かわしながら弱らせていく。



そして・・・最後の時。
大量の血を噴出しながら、残りの力を振り絞り闘牛士を追い回そうとする。しかし、勢いもなく、地に落ちる。


その死に様が美しければ拍手で沸く。

牛がスタジアムから引きずり出される時、敬意を表して皆立ち上がる。




チコ「ううっ。。かわいそう。。。」
ケン「・・・」

4頭目が終わったところでスタジアムを後にすることにした。最後の一頭まで死を直面することは出来なかった。





僕らは毎日何かしら肉を食べる。
牛、豚、鶏
どれもうまい。

どこのスーパーに行っても食べれるサイズになって売ってるし、南米やモロッコの市場では、ほぼそのままの形で大量の肉の塊がぶら下がっている。

知らないところで食用とされる動物達の大量の死が存在する。



しかし、初めて見る戦闘用の牛の死に少なからず動揺した。ドメスティックだと叫ぶ人がいるのも確かに頷ける。





川の畔でサンセットを見ながら、人間のエゴについて語りあう。



僕らは他の『生』を頂いて、毎日を生きている。

「いただきます」


残さずに食べることが、その生への報いなのかもしれない。




静かに1日が終わっていく。




チコ、次はロディオを見に行こうね☆

| ケン&チコ | ヨーロッパ(スペイン) | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.pmalife.info/trackback/1191250