<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

<< サハラの麓で | main | 二度と来るかボケー!!! >>
ティトアンでのひと時
ティトアンは白色で統一されたメディナ(旧市街地)が世界文化遺産に登録されている街。

しかし、ガイドブックに取り上げられているページ数は少ない。それ故に、そこに紹介されている安宿は2件ほど。

そしてこの街にも、悪質ガイドがいると言われているのだが、安宿探しにうろうろしていた私達は、声をかけてきたモロッコ人に着いていってしまった。

私達が納得のいくまで、ホテル探しに3〜4件付き合ってくれたし、「気持ちのチップ」を要求するのみですぐに去ってくれた。この人は運よく当たりだった。



そのホテルの入り口には思いもかけず、日本語のウェルカムメッセージが、、、


こんなところで日本語を見るとは!


宿の名は「ペンションガセラ(Pension Gacela)」
シャワー(お湯OK)&トイレ共同、キッチン無し:1人=50DH


トイレはアラビアンスタイルしかないけど、常に綺麗。最初はアラビア式が苦手だったけど、慣れればOK。水が流れないこともある様式よりは、絶対に流せるアラビア式の方が安心かも(このタイプのトイレには必ず水道とバケツが用意してあって、自分で水を汲んで流すのだ。)。お部屋も清潔で、シーツも綺麗だった。

しかも、昔のアラビア式のお家を改装したホテルだから、所々にアラビックな雰囲気が残っていていい感じでした。


元中庭のロビー


吹き抜けになっています


部屋は真っ白で清潔でした。


安宿はメディナの中



そして、何より心温まったのは、宿主のノーディンがおもしろく、親しみやすい人だった。もちろんモロッコ人。いつも顔を合わすと笑顔で挨拶してくれる。

その笑顔にいつもモロッコ人から感じる「裏なる心」はちっとも混じってない。ちなみに、日本語は「乾杯」しか知りません(笑)。入り口の日本語は旅行者に書いてもらったものらしい。


そして彼は、茶を飲もう!とよく誘ってくれる。彼はかなりの「お茶」好き。

一緒になって茶を飲む私達。慣れない英語や身振り手振りで世間話をしたり、木製のパイプを使ってタバコをふかすノーディンを眺めたり。とても居心地のいい時間を過ごすことができる。



しかも、、、

いったいモロッコ人は何を食べてるの?

って、いつも疑問に思っていたことを尋ねたら、

じゃあ今から作るから一緒に食べようと言って夕飯に誘ってくれた。かと言ってノーディンが料理するわけではなく、お手伝いさんか、近所のお母さん的な人が作る(笑)。

ジャガイモ&たまねぎ&お肉の炒め煮込みのようなものが1鍋出来上がる。カレーのようなスパイスが効いていた。主食はパン。パンをちぎり、それで鍋の具をすくう様にして食べる。もちろん手で。スプーンやフォークは一切使わなかった。これが意外にうまかった!

気が付けばノーディンの友人が集まり5〜6人での夕食となった。


手前が宿主のノーディン



食後には、ノーディンが色々なハーブや薬草をチョイスしてオリジナルティーを作ってくれた。これもまた、今まで飲んだことがない風味。食後にピッタリ。おいしかった。談笑を交えながら、気が付けば夜中の0時を過ぎていた。

初めて安心して触れることのできた地元モロッコ人。みんないい人達ばかりだった。


ノーディンに教えてもらって、ケンは地元の床屋にも挑戦!シャンプーサービスはないが、カットのみで150円!!仕上がり上々です!久しぶりの坊主頭。撫でるとシャリシャリ感があって、たまりませ〜ん♪


頭を鷲づかみされてますw



ちなみに、世界遺産のティトアンのメディナですが、思ったよりも・・・うーん・・。見慣れてきたから??

展望の良いカスバ(城砦)に行ってみると、そこはボロボロで人気もなくお化け屋敷の様。(よく言えば、昔のままの姿で残っているといえるかも)周りはゴミだらけだった。


朽ち果てるカスバ


見晴らしは良いけど、実は写真の右下部分には駐車場が広がっていて台無し。



ティトアンからバスで1時間半のところにあるシャウエンの町並みのほうがよっぽど見る価値があるな、と思った。


白と青に飾られた街


メディナはやっぱ遠く眺めた方が見ごたえあるね!



ティトアンで泊まるなら「ペンションガゼラ」、オススメですよ♪


場所はメディナの中です。

| ケン&チコ | アフリカ(モロッコ) | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.pmalife.info/trackback/1190192