<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

<< モロッコ人 | main | ティトアンでのひと時 >>
サハラの麓で
2泊3日砂漠ツアーの後、僕らはマラケシュに戻らずにリッサニで降り、メルズーガのホテルに向かった。サハラをもっと満喫するためだ。

そしてそのホテルはなんと日本人宿。砂漠の麓の小さな村に日本人が住んでいるのだ!宿主のノリコさん、本当にやさしくていい人。宿も居心地良い。マラケシュの騒音がウソの様な静けさ。本当に心が和みます。

それに加え、出迎えにはワイナポトシ登山部のナオヤくんが!いやービックリしました。マチュピチュ麓のアグアカリエンテス村に続き2度目の再会。ルート的にスペインかモロッコのどこかで会うかも。。。とは思っていたけど、まさかメルズーガとはね。


中庭が花でいっぱいでした。


宿はメルズーガのHassiLabiad村にあるのですが、なんと言ってもロケーションが素晴らしい。サハラ砂漠徒歩圏内。すぐそこには広大な砂漠が広がっているわけです。

だからと言って砂漠意外は何もないので、特にやることはありません(笑)

しかも昼間は5月末の夏前とはいえ灼熱なので、基本は外に出ずリビングでまったり。本を読んだり話をしたり、ウトウトしたり。。。超ロングリラックスタイム。こんなのんびりは久しぶり♪


すぐそこに砂漠が見えます




夕方、気温が下がり日が沈み始める頃、宿から見える一番高い砂山へ。

目的はもちろんサンセット。



昼間真っ白に見えていた砂が、夕日に照らされてどんどん赤く染まっていく。砂山に影ができ、より立体的に見える。

乾ききった風がヒンヤリして気持ちいいくらい。風向きも気のまま、少しずつではあるけど砂山の形が日々変わっているのが分かる。


はしゃぐ気持ちもわかります(笑)


足長夫婦


波々模様〜



山頂までは約45分。いくつかシンドイ坂が待ち構えている。硬さもいろいろ、ズボズボ埋まるところもあれば、コンクリートのようにカチカチだったり。着く頃にはアキレス腱はパンパンになる。


近いようで遠い!


人はちっぽけなもんだ



あとは夜への移り変わりを腰を下ろして楽しむだけだ。音は風のみ。見えるのは一面の砂と小さな村。

今日したことと言えば、この砂山に登ったことくらいだ。でもなんだろうか・・・この満足感。マラケシュで見た夕日も良かったが、砂漠の夕日はまた格別に良い。空と砂が表現するコントラストが最高に綺麗。デジカメでは写しきれないのが残念でしょうがない。










ただただ眺める


今日も1日ありがとう




最終日は早起きしてサンライズも!
ちょっと着込んで懐中電灯片手に出発。真っ暗な中をひた進む。

空色は劇的に変化をしていく。


空が赤く染まってきた


御来光。。。


冷え切った砂に太陽の光が広がる


波紋ならぬ砂紋


この風景を見るためにメルズーガまで来た気がした。1日の始まりと共に心が満たされていくのを感じた。

| ケン&チコ | アフリカ(モロッコ) | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.pmalife.info/trackback/1187679