<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

キリマンジャロ 1-2日目
US$1000を越す大イベント、キリマンジャロ!金銭的に散々迷ったけど行くことにした。

最も有名なルートはマラングだけど、山登りとしてもおもしろいマチャメルート6日間に挑戦。

たまたまモシの街で出会ったアキコさんと3人&ガイドやらポーターなど最終的に9人の計12人という大グループで山に入った。


マチャメは南西にゲートがあり2日間で3600mくらいまで登ってから、2日間登り降りをしながら東側に回りこむルートで、キャンプ場ごとにキリマンジャロの見える姿が違うため毎日景観を楽しみながら進むことができる。

登り降りがあるといっても、日本の山を登った経験があるなら全然問題ないレベルだと思う。




■1日目

ゲートに到着したのはいいものの、なかなか歩き出さない。ちょっと待ってと言われて1時間半ほど経過・・・。事務所の通信障害が原因らしいけど、ほぼ放置プレイ。やっぱ適当な国だな。

メンバー紹介もないままスタート?!大丈夫か??何人グループか把握してないんですけど・・・。


雲の中のウォーキング。雨は降らないって聞いていたけど、下は何故かグチャグチャ道。明らかに昨晩雨降ってる。苔生した森が広がっていた。


緑に覆われる道


木に苔がびっしり


今日のゴールは3000m!まだまだ余裕♪


チーム写真を撮ってみた。スタッフ8人でお願いしてたのに、おいおい11人いるやんけ?本当はまだ2人いる??あー下山後チップでもめそう・・・とりあえず今は登頂のことだけ考えよう。ホント適当な国だなー。




■2日目


ようやく曇り脱出


雲海の上に出ました


森もなくなり岩だらけ地帯に突入


天気が良くなって視界が広がると山登りはワクワクするね。


テント場に到着。雲の中にMt.キリの姿が!!


雲が晴れてきてテンションUP


気が付けば雲は1つもなくなっていた


もうすぐ日が沈む。気温もどんどん下がってきた


赤く染まるMt.キリ

| ケン&チコ | アフリカ(タンザニア) | comments(0) | trackbacks(0) |
キリマンジャロ 3-4日目
■3日目

3700m→4500m→3900mという登り降りのある日程。高度順応にはちょうどいい。

すでに富士山よりも高い位置なので、動きすぎると息が上がる。

風が吹くと一気に体温が奪われていくけど、日が差し始めるとあっという間に暑くなる。何度も脱ぎ着を繰り返した。

雲の動きが早い。常に流動的に変わって同じ景色が1つとしてない。


Mt.キリにだけ雲が帽子のようにかかっていた。


骨付き肉の様な岩


4500m地点のLAVA TOWER


その後、一気にテント場まで下り。登りの3倍のスピード!!


デカイ高山植物


昨日とは違う表情のMt.キリ


3日目終了!半分経過!!




■4日目

4600mのアタックキャンプ場へ。


最初は急な坂が待ち構えていた。息が切れないようにゆっくり進む。


ポーターはデカイ荷物を抱えて、サクサク進んでいく。高山病にはならないのかな〜


途中からは完全にガスの中。



地図を見ると今日は氷河の下を通るルート。楽しみにしていたけどずっと真っ白。何も見えません。

しかも太陽の光が届かないから結構寒い。


4日目も無事終了!


このテント場の場所がまたすごく良かった


ついにここまで来た!あとは山頂に行くだけだ!!



テント場に着いて1時間したぐらいだろうか、真っ白で今日全く見えなかったキリマンジャロが姿を現した。

ガスの中を1日中歩いていると、明日の山頂時も曇っているんじゃないかとどうしても考えてしまう。

そんなうちらの気持ちを察したかのように顔を出してくれた。その風格と言うか存在感は格別だった。まだ登り切ってもないのにうれしくなってしまって、テンション上がりまくりで夕飯を食べた。

「絶対『ここまでおいで』って言ってるよ!」



ガイドのジョゼフとアタック時の服装の確認をして、4時間ほどの仮眠をとった。


突然姿を現した


寒さ対策は万全かい?


寝る前には雲もなくなっていた。期待が膨らむ。



トイレで目が覚め外に出ると、満天の星空が広がっていた。風もなくなっている。絶好のコンディションだ。

あと数時間このコンディションが続くように祈りながら残りの睡眠をとった。


寝袋に戻ると心臓がバクバクしていた。高度だけのせいではない、体も心もついつい興奮してしまったみたいだった。




いよいよ登頂する!楽しみだ。

| ケン&チコ | アフリカ(タンザニア) | comments(4) | trackbacks(0) |
キリマンジャロ summit
23時30分に来るはずのお茶を待ちながら準備を始めた。

風もなく雲もない。

薄っすらと山頂の形が浮き上がっている。


0時30分出発。

各チームがほぼ同時間帯に動き始めるので、一本道は富士山の様に渋滞していた。高度が高いのでゆっくり進むのは何の問題もない。

ちょうど月が上がり始め、月明かりで辺りが少しだけ見えるようになった。



5500mを越えると息苦しくなってきた。ちょっと急な坂を上ると鼓動が早くなる。体が酸素を欲しがっている。


風も吹き始め、気温も下がり始めた。水がみるみる凍っていく。

足先が冷え切ったチコは足裏専用のホッカイロでなんとかしのぐ。



5時頃になると空が徐々に明るくなってきた。ただ山頂付近は時折雲に覆われているようにも見える。何とか上でご来光が見たいが間に合うだろうか・・・。



そしてステラポイントに6時に到着。キリマンジャロも富士山と同じように山の上は鉢状になっている。その鉢の部分まで来たのだ。息を整えながら無理しないように慎重に来たので、高山病の症状はまったくでなかった。

ここでひとまず皆で喜び合いたいところだったが、ステラポイントに着いた瞬間から突風が吹きつけ体の体温を奪っていく。しかもガスの中で何も見えない。服やカバンは瞬く間に霜で真っ白になってしまった。



立ち止まっていられないのですぐに最高点のウフルピークを目指す。残りはもうすぐだ。


なだらかな坂になったのに、なんだか息苦しい。ボリビアのワイナポトシ山を思い出す・・・。あと少しなのに一歩が重い。ガイドに急かされるが、自分のペースで歩くことにした。


明るくなるにつれ風も弱まりだした。目の前には氷河が横たわっている。思った以上にデカイ。




そして、ついに太陽が昇ってきた!!






空がゆっくり赤くなり、そして氷河が赤く染まる。









最高の瞬間だった。





何故こんな苦しいことをしてるんだっけ?って自問自答したりするときもあったけど、答えはここにあった。

火口のクレータにはガスがまるで大河の様に流れている。

暗闇を歩き、朝日に包まれる時、何かが心を満たしていく。やさしくて眩しい光が、体温だけではなく気持ちも暖めてくれる。




何か熱いものがこみ上げてきた。涙が出そうだ。

が、先に鼻水が垂れたので我に返る。



ウフルピークまであと少し。まだ感動してる場合じゃない。





6時40分、ついにキリマンジャロの山頂に辿り着いた。すっかり夜が明け、青々とした空に変わっていた。


ついにウフルピークに到着!!


3人全員来れて良かったぁ〜


カバンは霜で真っ白になってた




青い空、流れる雲、氷河に巨大クレータ。

ここからの景色は言うまでもなく最高。
































アフリカ最高峰にこうして3人全員、無事に登ることができた。そして運よく天候にも恵まれ、景色を堪能することができた。


キャンプ場まで生還!ジュースで乾杯!!


最終日6日目。怪我もなく下山、そして登頂証明書GETしました。



6週間という当初の予定より短くなったアフリカの旅ではあったけど、締めに相応しい内容だった。



確かにアホみたいに値段は高く、そのくせ大した管理もされてないし、テントサイトの設備は皆無、ツアー会社やポーター等の質はその辺のアフリカレベルで突っ込みどころ満載だったけど、全てキリマンジャロが解決してくれる。洗い流してくれる。

それほどに素晴らしかった。





キリマンジャロ、やっぱ登るしかないっしょ!!

| ケン&チコ | アフリカ(タンザニア) | - | - |