<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

ビクトリアフォールズ
3大瀑布の一つ、ビクトリアフォールズ。今の時期はなかなか水量があって迫力があるらしい。乾季だとザンビア側は枯れちゃうとのこと。

先端に向かう前にポンチョの貸し出しをやっている。それほど濡れるってこと。借りずに見に行った人は上から下までビッショビショで戻ってきてる!

うちらは自前のレインジャケットで挑みます。



いざ滝へ!チラッと見えるビクトリアフォールズ。すでにすごい勢いで水煙が上がっているのが分かる。


奥のほうは真っ白



水しぶきが凄すぎて、滝全体が良く見えないほどだ。気が付けば全身ベッタベタ。。。

でもなんだか気持ちがいい!マイナスイオンを激しく浴びまくり状態!!


まるで大雨


霧のような全体がモヤッとした感じに包まれてます


目に見える大きさの水滴が下から上に舞い上がる!


向こうはジンバブエ側


虹ダブル!


上流で一休み


落ちる直前の川の流れ


ViewPointからの眺め


国境の橋。バンジージャンプの見待ち中




イグアスの滝とは全然違う良さがあった。

楽しくて休憩後またずぶ濡れになって滝を見に行った。


風の向きによって、滝がいきなりくっきり姿を現したり、全く見えなくなったり・・・。下から水しぶきがまるで雨の様に降ってきたり。

谷も深いので日の傾きによって表情を変える。虹も時間とともに移動をし、いろんな場所で楽しむことが可能。



すげー迫力!!


自然の持つパワーを間近で感じれるっていいね!!

| ケン&チコ | アフリカ(ザンビア) | - | - |
危機一髪
この旅始まって以来、初の命の危険を感じた。



それは・・・





バブーンに(ヒヒ)襲われる!!!



ザンビア側のビクトリアフォールズを見に行った時に起こった。この滝はめちゃめちゃずぶ濡れになるので、荷物は最低限。チコの小さいリュックに着替えを入れ、買い物袋にランチセット&お菓子を持って行った。

すると入り口で係員が買い物袋を指差し、
「バブーンに気をつけろ」
と言うので、念のため無理やりリュックに詰めることにした。


一通り見て周り、一休みしようと滝の上流に向かうが、そこには数匹のバブーンがいた。

コイツがまたデカイ。


かなり距離もあるので警戒しながら、コソっとリュックからパンを取り出した。



その瞬間だった。

一番でかいバブーンが猛ダッシュでこっちに向かってくる。牙むき出し。

急いでパンをリュックに戻し、立ち上がるともう目の前に迫っていた。


5m手前くらいから仁王立ちで突っ込んでくる!!!



ギャー


リュックを振り回し追い払おうとするが、怯む気配もなく1歩も下がらない。今にも飛び掛ってきそうな勢いだ!



こっちがリュックを手放すまであきらめないのか・・・


チコ、突然すぎてポカーン(思考停止状態)




そこへ観光客のアフリカンが石を投げつけてくれて、なんとか退散。助かった。

辺りは一時騒然となった。


あの人がいなかったらマジで噛み付かれるとこだったかもしれない。



いい思い出になったな!ってヨーロピアンに慰めてもらったり、石を持ってた方がいいぞってアドバイスをもらったり。




体は正直だ。

極度の緊張感から解放され、脱力感に襲われている。


あの瞬間、どんなに力んで、叫んだかまったく覚えがない。




目を離した隙にコソっと奪っていくサルは見たことあったけど、あんなに正々堂々真正面から向かってくるヤツは初めてだ。アフリカの中でもここだけじゃないか。。

ジンバブエ側のバブーンはそこまで大きくないらしい。



うちらのすぐ後にも被害に合ってる女の子のグループがいるし・・・



ということで、ザンビア側のビクトリアフォールズに行く際は

『食べ物持込禁止』

です!!



これ以上被害が出ませんように。。。

| ケン&チコ | アフリカ(ザンビア) | comments(3) | trackbacks(0) |
サウスルアングア国立公園
ザンビアを代表する国立公園、サウスルアングア。

ここは何が凄いかっていうと国立公園のすぐ横にキャンプ場があってテントやロッジで気軽に滞在できる。

国立公園との境になっているルアングア川にはたくさんのカバが存在し、1日中好きなだけ見ていてOK。

夜になるとキャンプ場内に象やカバなどの動物達がやってきたりもする!!





それは初日の夜中だった。


ズンズン、パキパキ、カサカサ


足音、枝を折る音、葉が揺れる音が超間近で聞こえて目を覚ます。



何かが来ている!!上の方の葉を食べてるから、象かキリンか??全神経を耳に集中する。


とりあえず近い!!テントのすぐ横にいる!!!


めっちゃ興奮するも、不用意に物音を立てるのは危険。地元の人はライオンより象とカバをより恐れている。絶対数が多いので遭遇率も高く、ヤツラの一撃で人間は間違いなく壊れるからだ。


少し音が離れたので、そっと外の様子をチラ見する。



象だ!!


すぐそこに象がいる。キャンプ場の灯りに照らされて、象のシルエットが浮かび上がっている。ドキドキが止まらない。何てスゲーとこなんだろう。。。



外はカバの鳴き声が響いている。昼間は対岸にたまっているのに、夜になると活発に動く。キャンプ場の奥の方からも聞こえる。草を食べに上がってきてるのかもしれない。




昼間はひさしぶりにゆっくり過ごした。サウスルアングアまでの移動は本当に疲れる。快適なバスが走っていない。移動疲れを癒してくれる空間がここにはあった。

川にいるカバやクロコダイルをぼーとみたり、ハンモックに揺られたり、洗濯したり、ブログ書いたり・・・。


満杯の5列シートバスで移動。めちゃシンドイ・・・


キャンプ場までのローカルバスはなぜか「ゆり幼稚園」バス(笑)


気持ちの良いテントサイト


すぐ横はルアングア川


対岸にはカバの群れ


象がお食事しに来た


ちょっと小さいけど、夕暮れ時に川を渡る象。動物の行き来は自由!


かなり小さいけど、早朝に対岸戻るカバの親子。近くに来てたのかも?!




ここの夕方のサファリはオススメ。
日没前2時間+後2時間というコースなので、普通のサファリとナイトサファリが楽しめる。

うちらはラッキーなことにブッシュの中でインパラを頂いているヒョウを見ることができた。

ナイトサファリになると昼間は隠れている小さな動物達がそこらをピョコピョコしてたり、道のすぐ脇にカバの親子がいたり。



もうとにかくカバがかわいくて、近くでいっぱい見れてめちゃ楽しかったな〜。


いざサファリへ!


キャンプ場を出るとすぐ象と対面


橋のすぐ下もカバだらけ


ちょっとだけ顔出すカバたち。カワイイ〜


パッチリ瞳のキリン


カバ、クロコダイルのいる川で命懸けで漁する現地民。

※ナイトサファリの写真はないです・・・





ウォーキングサファリにも挑戦!拳銃を持つソルジャー付き。

車でサファリする時とは違った感覚。同じ大地に立つと、人間もone of animalsであることを再確認させられる。

見通しの良いところはとても気持ちがいい。

ブッシュの中を歩く時はガサガサと音がする度に、期待と緊張感が体を走っていくのが分かる。


ソルジャーは象を見つけると即ルートを変更する。象に対する警戒心はハンパなかった。個人的にはもうちょっと近くで見たいんだけどね。


ガイドは足跡やフン、折れた木の枝や皮のめくれた木を見つけると1つ1つ説明してくれます。


ウォーキングサファリSTART!


向こうに象がいるの見えます?発見次第即ルート変更!


すぐそこにカバ♪


ライオンの足跡もありました


ソルジャーなしでは歩けません



ここは野生動物をより近くで感じれるからすごく気に入ったNP。また行きたいなー。


=サウスルアングア情報=
■宿
Croc Valley Camp
http://www.crocvalley.com/
自前テント泊:US$8.5
頼めばキッチン使用可

■交通
最寄の町はChipata
ローカルバスはギュウギュウで遅くて高いのでやめた方が無難。交渉なしだと約US$16くらいかかる
ChipataにあるDeab's Hill View Lodgeが各キャンプ場までのプライベートトランスファーをしている。1人US$20。ロンプラ参照してください。快適度からして迷う余地無し!!
行きはローカルバスで死にそうなくらい辛かったので、帰りに利用。人数も多かったので交渉でUS$17に。

| ケン&チコ | アフリカ(ザンビア) | comments(0) | trackbacks(0) |