<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

ボツワナ入国
ボツワナには海に流れ着かず、陸に消える川がある。枯れ果てるのではなく巨大な三角州を形成し湿地帯となっている。

オカバンコデルタ

動物にとっても格好の住み家である。

ここは空から見た景色がとてつもなく素晴らしいらしい!ローカルカヤックのモロコもおもしろいとのこと。




とまぁここまで書いたものの、旅も終盤。あれもこれもできるほどの予算はないので泣く泣くパス。象の大群で有名なチョベ国立公園を目指すことにした。


ナミビアのウィントフックからボツワナのカサネへ移動。

カティマムリリョまでは大型バスの移動だったけど、そこから国境まではローカルのミニバス。アフリカのミニバスは満席にならないと発車しない。

運よく一杯になって割りとすぐに出発したものの、お店に寄って買い物始めたり、家に寄って荷物積んだりと本当によく止まる。30分くらいで着きそうな距離を1時間半かけてようやくナミビアボーダーに到着。


大きなバオバブがお迎え


がここからが問題。

ボツワナボーダーからカサネまでの交通手段がない。ミニバスもタクシーもいない。ヒッチのみ。ヒッチと言ってもバス同等の料金が必要だったりするので交渉も必要。


しばらくしてヒッチ成功!

インド系のカッコイイお兄ちゃん。トラックタイプなので荷台に乗り込む。前にもヒッチしたと思われるローカルの人たちがすでに乗っていた。しかもそれだけじゃなく動けなくなった車の牽引も快く引き受けていた。しかも無料。なんていい人〜。



カサネまではほとんどまっすぐな道。ガンガン飛ばす。目が開けてられない・・・。

突然スピードダウン!!


シマウマが道路を横切ってた!!!



この道はチョベ国立公園に沿って走っているので動物達がいてもおかしくないのだ。柵とかないみたいだし。

その後もキリン×1と象×3に遭遇!荷台から見れるなんてさすがアフリカだ。




ボツワナボーダーに国立公園の看板


シマウマ集団の横断


キリンもいたー!!


牽引していたロープが切れるハプニングも(笑)置いてく!置いてかないで!!の押し問答がめちゃおもろかったなー。



カサネの宿はチョベサファリロッジと決めていた。ここは4星ホテルなのにテントサイトがあるのだ。サファリなどのアクティビティも充実している。

が着いて言われた言葉が「FULL」!!!


マジで!

ここまで来て泊まれないって・・・。もうすぐ日暮れだし。他のテント場教えてくれたけど移動する気にもなれない。8月はヨーロッパのバカンスと重なるため、ピークシーズンとなるのだが、これほどとは。

レセプションのお姉さんは、サファリも一杯かもよ。なんていうから明日のサファリの空きを確認しにツアーディスクへ直行。4星ホテル内をバックパッカーが小走りに移動(笑)


空きはあったので、次は宿をどうするかだ。




だいたいテントサイトがFULLってのがおかしい。少しのスペースがあれば張ることはできるはずだ。ダメもとでもう一度交渉。


・・・


そこまで言うなら私は分からないから、直接テントサイトの管理人に聞いてって返事。
ダッシュでテントサイトに向かう。もう結構暗い。これからの移動は無理だ。したくない。


管理人がどこにいて誰かなんて分からない。とりあえずテントサイトをうろうろする。すると警備員みたいな人が声かけてくれて、状況を説明すると場所を確保してくれた。

うぉーやったー。てか余裕で張れるじゃん!!


そして時間ギリギリで明日のサファリの申し込みをした。


安宿とは雰囲気が違う


テントサイトは結構奥だったけどね



暗闇の中でテントを張り、その辺のライトの下で夕食。早朝サファリなのですぐに就寝。


まぁ、なんとかなるもんだね♪

| ケン&チコ | アフリカ(ボツワナ) | comments(0) | trackbacks(0) |
チョベ国立公園 ゲーム&ボートサファリ
5時起床!6時発のゲームサファリ。

めちゃ寒い!!サファリカーは窓もないから風が超冷たい。毛布の貸し出しがあって助かった・・・。

さぁ、いざ象の大群を見に!!!




結果。


なんと象×0!!!!



ハズレだぁ〜〜〜〜








しかーし、その代わりにいたのは・・・。


ライオン!



しかもオス&メスのカップル〜!!



しかもしかも超間近で!!!



暗闇の中サファリスタート!


シルエットしか分からないけどキリン発見


ぬいぐるみの様なカラフルな小鳥


日の出。暖かい光がうれしい。


川にはカバの家族が


ライオンの足跡。期待が膨らむ


むむ、あの姿はもしやライオン・・・


無線で他のサファリカーも大集合


間近を堂々と歩くライオン!


タテガミ・・・やっぱカッコイイ。


川の畔でコーヒータイム




午後はボートサファリ。のんびりゆっくり動物観察。

中州には水あり草ありでカバに象、バッファローなどなど。大群ではなかったけど合計したら軽く50頭以上の象がいたな〜。

チョベはジープよりボートの方が象遭遇率高いのかな?


川鵜が羽乾かし中


いたー象の群れ。みんなムシャムシャお食事中


初バッファロー


遠くに陸を歩くカバ


クロコダイルもいるよ


仲良く肌を寄せ合うカバ。最初岩かと思った


1頭たたずむ象。かっこいいなー


うまったカバ?(笑)


バッファローの群れ


あちこちに象の群れ。象密度No.1だけのことはあるね


グワー


こちらを警戒中


帰りはサンセットクルーズしながら


日の出から日の入まで楽しみました!


ホテルについてからも余韻に浸る。蚊さえいなければ言うことなしなんだけどね



ボツワナはチョベだけで終了!次はザンビアへ。ビクトリアフォールズに隣接する町、リビングストンを目指します。

| ケン&チコ | アフリカ(ボツワナ) | - | - |