<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

救世主
南部アフリカの見所を見てまわるにはオーバーランドトラックツアーに参加するのが、一番効率が良い。アフリカの旅期間を6週間に短縮したので、ツアーにしようと思っていた。

しかしケープタウンに着いてからツアーを探すと、その値段の高いこと!!数年前とは比べ物にならないくらいの価格上昇。ビクトリアフォールズまでの3週間で1人約18万(行きたいオプションツアーとかパーミット、ビザ代とか含めて)。これは無理だ。


旅の序盤なら、エイ!っと勢いで参加したかもしれないけど、すでに残り4ヶ月となり、金銭面的にもそんなに高いツアーには参加できなくなっている。キリマンジャロにも登りたいって思ってるし・・・。



ガックリ・・・
どんな旅をすればいいかちゃんと考えなきゃ・・・

2人だけでレンタカーを借りてとか長距離バスを利用して「ココからビクトリアフォールズまで個人で旅をする」という決断がなかなかできない。

お金で解決するしかないのか・・・・と、頭を抱えながらホテルのレセプションから中庭に入ると、

なんとそこに!!



救世主現る!!

ウシュアイア、ブエノスアイレスに引き続き3回目の再会、コウイチさんがいたのだ。しかも話をするとこれからナミビアに向かうという。奇跡だ!!



そこからは早かった。ツアーではなく一緒にレンタカーで周ろう!ということで話はまとまった。

不安だらけのアフリカだったのに一気に気持ちが盛り上がって楽しみになった。


ボクらは最初にコウイチさんに出会ったときから何かただならぬオーラを感じていた。

話もおもしろいし、人柄もステキで、まさかこんなところで再会、一緒に旅できるとは思ってなかったのでとてもうれしかった。



いよいよアフリカの旅が始まる!!!

ナミビアの首都ウィントフックではハイシーズンのため、宿もレンタカー借りるのも苦労したけど、なんとか10日間借りることができた。

では行ってきます!

| ケン&チコ | アフリカ(ナミビア) | comments(0) | trackbacks(0) |
エトーシャ国立公園
ナミビアの北に位置するエトーシャ国立公園。ベストシーズンは6〜9月の乾季。まったく雨が降らないため、カラカラに乾いた大地に点在する水場(ウォーターホール)は動物達のオアシスとなる。ここはゲームドライブはツアーじゃなくてもレンタカーすれば個人でもできてしまうスーパー国立公園なのだ。

南部アフリカで行きたかった国立公園の1つ。だって自分で運転して野生動物が見れちゃうなんてすごくない?!



そして念願のエトーシャ国立公園まで来た。

入ってすぐシマウマ、ゾウがおで迎えしてくれた。それまで1人だけテンションが高いだけだったのに、一気に他の3人もテンションUP!間近で見れるってやっぱイイ!!


初動物はシマウマでした!


4頭ほどの像ファミリー


何かの死体に群がるハゲワシ


角がカッコイイ!!


野生でキリンが見れるなんて


エトーシャ国立公園をレンタカーで走る



今日の宿は国立公園内のキャンプ場。ここに泊まるメリットは併設するウォーターホールを夜の間、気が済むまで観察できるというところ。普段なかなか見ることができない夜行性の動物達をじっくり観察することが可能なのだ。

動物との境は積み上げられた石垣だけ。こんな近いところまで本当にやってきてくれるのか疑ってしまうくらいの距離感。


キャンプ場に着いた時は何もいなかったけど、夕食後、期待を膨らませてウォーターホールに向かう。

なんと先ほどまでサイがいたらしい。。


なー!タイミング遅かった。
とりあえず静かに待つ。


どこからともなく吼える声が聞こえる。
ウサギ、ジャッカルが様子を伺いながら水を飲んで闇に消えていく。


昼間はあんなに暑かったのにどんどん冷えてきて、足の指先が悴んできた。





チコも寒そうだし、そろそろ引き上げ時かも。あー運ないなーって思っていると、なにか大きくて白い物体がノシッノシッと出てきた。




サイだ!



なんか奇跡かと思った。目の前にサイがいる。今日はもう見れないと思ってたのに!!!

静寂の中でサイが水を飲む音が静かに響く。

喉が満たされたサイはゆっくり闇に戻っていった。


サイが現れた!!



翌朝は早めに起床してキャンプ場のスタッフがオススメしてくれたウォーターホールまでドライブ。するとすでに数台の車が到着していた。距離はちょっと遠いけどそこには5〜6頭のメスライオンが気持ち良さげにゴロゴロしているのが見えた。

夜の狩りの後だろうか。


メスライオン、朝ドライブに出かけて良かった。



キャンプ場に戻って帰る前にもう一度ウォーターホールに行ってみることにした。

すると水場は大騒ぎになっていた。


象の群れだ。

14頭が小さなプールを囲んで水飲み、水遊びをしている。


中でも一番でかくて強そうなヤツは、水の沸き出口を独占してゴボゴボと豪快に飲んでいた。

草食系の動物達は草の陰から覗き込んで様子を伺って、水を飲みに行こうとしている。

1頭がそれに気付いて追い払う。


今、この場は象の天下状態だ。



こんなに象を見れるなんて・・・なんてラッキーなんだろうか。


ウォーターホールに向かう途中に象発見!近い!!柵がなかったら危ない距離


すでに象が集まっていた!その数14頭


水をおいしそうに飲む〜。音も大きい!


小象もがんばって飲む〜。


象に気付かれないように、そ〜っと飲む草食動物達。この後追い払われてた・・・。


石垣に座って動物鑑賞。ずっと見てられるね♪




しかしそれだけでは終わらなかった。



遠く向こうの方からさらに象の群れが近づいてきた。列になってどんどんやって来る。いったい何匹いるのか?大きい象の足元には小象もチラホラ。


そして水場は象だらけになった。象祭りだ!!

目を凝らして数える。。



・・・45,46,47。。。

だめだ多すぎる!50弱かそれ以上か!!分からない。

まさか象の大群をエトーシャで見ることになるとは思いもしなかった。


さらに象の群れが来た〜!!何頭いるんだ??


ウォーターホールは象で埋め尽くされた!!




順番が決まっているかのように、動物達はかち合わないよう順々に入れ替わりながら水を飲む。

しかし象は別だ。いつでも好きな時に誰がいようと独占して飲むことができる。まるで王様だ。

象がいる間は他の動物達は出てこないのだ。



パーミットの切れる15時までに国立公園を出るため、泣く泣くキャンプ場を出ることにした。1泊2日でこんなに楽しめるなんて、初のアフリカ国立公園を大満足で過ごすことができた。

| ケン&チコ | アフリカ(ナミビア) | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒンバ
ナミビアの北西部には『ヒンバ』という民族がいる。彼らは裸族だ。体に赤土とバターを混ぜたものを塗って上半身は裸のままで生活をしている。

オプウォという街はヒンバの生活の拠点となっていて、そこかしこでヒンバの姿を見ることができる。


しかもスーパーの中には普通に買い物をするヒンバがいて、BARにはビールを飲むヒンバがいたりと、想像する民族生活とはかけ離れた現代生活を送っている。

なんていうか、そのギャップがおもろい。



ウィントフックやスワコップムントなど他の街で見るとアウェーな感じがするけど、ここは完全にホームだった。自然体だった。

どこで何してようが、誰も気にしない。この街自体が民族の集合体なので、単なる1民族に過ぎないのだろう。

他の民族もおもろい格好しているが、ヒンバは強烈な個性とアート的な美しさを持っていて、ついつい目を向けてしまう。



珍しさでいえば、うちらの方だ(笑)。ナミビアというなじみの薄い国のさらなる奥地に乗り込んだ日本人。明らかに普段見ない連中だ。街歩きをしていると、度々こっちを見る目を感じるくらいだった。



宿でお迎えしてくれたのは小さな男の子


街中では普通にヒンバの姿が見れます


スーパーの前で物売りに囲まれる(笑)


街でテント生活をするヒンバ





偶然にもこの小さな町で地元民向けのコンサートがあった。メインはWorldCupで民族出演したと思われるヒンバのグループ。場所は昔の小学校の体育館のような場所(笑)。しかも肝心のステージは蛍光灯が切れてて薄暗いままww。



どんな民族音楽が聴けるかワクワクしてたけど、始まってみるとなんと楽器はシンセサイザー(笑)!!!

もう時代は太鼓じゃないんです!!
今の一押しはシンセサイザーなんです!!!


ダンスは小道具付き。

その小道具とは・・・




デッキブラシwww



ヒンバがデッキブラシ持って踊ってる!!!なんじゃこりゃー(笑)

そしてこんな会場にも関わらず、お客はめちゃんこ盛り上がる。踊りだす。勢いあまって前に出たり、ステージに登ったり・・・。さすがアフリカンパワー。なんで盛り上がってるのか理解できないくらいの歓声が飛び交う。心の底から楽しむってこういうことを言うのかもしれない。

いやー偶然のイベントだったけど、めちゃおもろかった!



ヒンバも見に来てた!!


オレンジはヘレロ族の高貴な方みたい。白いヤツは勝手に踊ってるヤツ(笑)


ヒンバグループの登場でボルテージMAX!


ヒンバがシンセサイザー弾いてるぅ〜。ステージ暗すぎ。

※デッキブラシの写真撮り忘れてました・・・。




翌日はヒンバの村へ。
ガイドは日本人と結婚することになり来月日本に行くスティーブにお願いした。

スティーブはヒンバ族とヘレロ族の間の子。昔は同一民族同士しか結婚しなかったが、一昔前で他民族間結婚が可能になり、今ではここでも国際結婚の時代になったようだ。


ヒンバの村は一家族が大きい。だいたい40〜50人くらいらしい。まず長に挨拶をしていろいろ紹介してもらったり、赤土を塗ってもらったりした。

肌に塗りこまれた鮮やかな赤色。


まさにアートだ。



電気もない、まだまだ昔ながらの生活をしているようだったけど、うちらみたいな観光客がきたり、子供が成長して街で生活するようになったりと、他文化に触れる機会が増えている。近代化に憧れてもしょうがないかもしれない。



ヒンバ村に到着


ヒンバの女性達


ヒンバの女性達


アクセサリー作成中


腰に白の帯を巻くのは未婚の印


16歳以上で頭に毛皮をつける


子供がかわいい


たくさんのアクセサリーを身にまとっておしゃれさんです


頭の結い方もカッコイイ


塗ってもらいました。毎朝塗るんだって




結局オプウォに3日間滞在。今までにない雰囲気の中で過ごせてとても楽しかった。

民族衣装は民族意識の高さの表れだと思う。この先も近代化の波に飲まれることなく、民族文化が受け継がれていって欲しい!!

| ケン&チコ | アフリカ(ナミビア) | - | - |