<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅のHP
まとめHPを作成中です!
旅のHP
ケンとチコの世界一周旅日記
お問い合わせフォーム
メッセージはこちらから
聞きたいこと。伝えたいこと。何でもどうぞ♪
更新情報 RSSはこちら

 2010年11月14日
 無事日本に帰国しました!

2010/11/25
 写真と共に振り返って編UP
 スィートルーム♪編UP
2010/11/17
 帰国しました!編UP
2010/11/13
 お宅訪問編UP
今ここ
日本
ROUTE -全26カ国-
2009年9月スタート!沖縄&北海道の国内旅行とパラオ1ヶ月ダイビング生活後、2009年11月14日からワンワールド一周券で東周りのラウンド開始!

トレッキング満載の旅〜
 クレイドルマウンテン
 ネルソンレイク
 アーサーズパス
 フッカーバレー&ミューラーハット
 ルートバーン&グリーンストーン
 ミルフォード
 パイネサーキット
 フィッツロイ&セロトーレ
 バリローチェ周辺
 ワイナポトシ(6088m)
 キリマンジャロ(5895m)
 ジョムソン街道&ムクティナート
 アンナプルナサンクチュアリ(4130m)
 エベレスト街道(5550m)
 ゴーキョトレック(5360m)
完全歩破!!

ダイビングは
 イースター島
 ガラパゴス諸島
 紅海(ダハブ)
で潜り、憧れのハンマーにも遭遇!

観光地に行ったり世界に散らばる友人を訪ねながら、無事故にて・・・

2010年11月14日無事帰国しました。


00.日本 (石垣島→西表島→知床)
01.パラオ
02.オーストラリア (アリススプリング[エアーズロック]→ダーウィン→タスマニア島→シドニー)
03.ニュージーランド (オークランド→コロマンデル半島→タウポ→トンガリロ→フィリナキ→ネピア→アベルタスマン→ネルソンレイク→カイコウラ→クライストチャーチ→アーサーズパス→テカポ→マウントクック→ワナカ→クイーンズタウン[ルートバーン&グリーンストーントラック]→テアナウ[ミルフォードサウンド]→クライストチャーチ)
04.チリ (サンチャゴ→イースター島→プエルトナタレス[パイネ国立公園])
05.アルゼンチン (ウシュアイア→カラファテ→エル・チャルテン[フィッツロイ&セロトーレ]→バリローチェ→ブエノスアイレス→プエルトイグアス[イグアスの滝]→ラキアカ)
06.ボリビア (トゥピザ→ウユニ→ラパス→ルレナバケ→ラパス)
07.ペルー (プーノ[チチカカ湖]→クスコ[マチュピチュ]→リマ)
08.エクアドル (グアヤキル→ガラパゴス諸島)
09.スペイン (バルセロナ)
10.モロッコ (マラケシュ→エッサウィラ→メルズーガ→フェズ→メクネス→ラパド→ティトワン→シャウエン→タンジェ)
09.再スペイン (グラナダ→セビージャ→コルドバ→トレド→マドリード)
11.エジプト (カイロ)
12.イスラエル (エルサレム→ベツレヘム→カルミエル→死海→ラマラ)
11.再エジプト (ダハブ→カイロ)
13.イギリス (ロンドン)
14.ドイツ (ミュンヘン)
15.オーストリア (ザルツカンマーグット→ザルツブルグ)
14.再ドイツ (ミュンヘン)
13.再イギリス (ロンドン)
16.南アフリカ (ケープタウン)
17.ナミビア (ウィントフック→エトーシャ国立公園→オプウォ→スワコップムント→ナミブ砂漠→ウィントフック)
18.ボツワナ (カサネ[チョベ国立公園])
19.ザンビア (リビングストン[ビクトリアフォールズ]→ムフエ[サウスルアングア国立公園]→チパタ)
20.マラウィ (リロングウェ→ンカタベイ→チテンバ→リロングリロ)
21.タンザニア (ンベア→モシ[キリマンジャロ])
22.ケニア (ナイロビ)
23.ネパール (カトマンズ→ポカラ[アンナプルナ]→カトマンズ→ルクラ[エベレスト街道]→カトマンズ)
24.インド (デリー)
25.タイ (バンコク)
26.インドネシア (スラバヤ→バリ島[ウブド])
25.再タイ (バンコク)
00.日本
PROFILE
FAVARITE STORY
LINKS
OTHERS
BOOKS

イスラエル入国
中東行くかどうか迷ってた。いろんな人にオススメされた。

時間もお金もそんなあるわけじゃない。

紅海、ダハブで2週間まったりするのもいいんじゃないかと思ってた。


でも、ダハブに向かう夜行バスの中で決断。



イスラエルに行こう!



目的はエルサレムのピースハウス。主のイブラヒムさんに会うこと。

ここの宿代はドネーション制(寄付)。旅行者だけでなく失業者や浮浪者でも誰でも受け入れる。ドネーションに関わりなく部屋とご飯を用意してくれる。

合言葉は
 WELCOME!(誰にでも)
 EAT!(誰にでも)



イスラエルという知れば知るほど複雑な国で、とんでもなく器の大きなことをやっているイブラヒムさんにはどうしても会いたかった。

そしてユダヤ、キリスト、イスラムの3大聖地でもあり、今なお見えない部分で鬩ぎ合いが続いている。日本では感じることが出来ない『リアル』がここにはあると思う。




他の中東の国に行かないことだし、スタンプ押して行っちゃえ〜♪



国境付近の海!紅海はマジきれいだ!!


イスラエル入国。エイラットは灼熱だった。。。この後一気にエルサレムへ

| ケン&チコ | 中東(イスラエル) | comments(2) | trackbacks(0) |
ホームスティ
南米ウユニのツアーで一緒だったイスラエル人のLiorの家に遊びに行ってきた。


今実はエルサレムにいるんだ!ってメールしたら、イスラエルの見所をいっぱい教えてくれて、時間があればうちに来てもいいし、ボクがエルサレムまで行くよ!ってすぐ返事くれた。

北イスラエルも興味があったし、どんな生活をしているか気にもなったので、思い切って行くことにした。



エルサレムから北に向かうこと約3時間。バスからの風景はまるでヨーロッパの様だった。車は交通ルールを守り、道にはゴミが落ちていない。綺麗な街が広がっていた。

着いた街はカリミエル。出来て40年くらいでまだ新しい。観光地ではないので観光客はほぼナシ!

お迎えに来てくれていたLiorとは約3ヶ月ぶりの再会。変わらないやさしい笑顔になぜかほっとした。



家に着くと家族みんなで出迎えてくれた。本当に歓迎してくれてた。

良く来たね!Welcome!!

そう、なんだかイブラヒムさんのようだった。


きれいなマンションの1室。両親とお姉さんに犬1匹。とてもやさしい空気に包まれている家族だった。


Liorとパパ。いい家族だぁ〜


その後は車でドライブ。レバノンとの国境ローシュハニクラまで行って青の洞窟を見たり、地中海に沈む夕日を眺めたり、ハイファの夜景見たりと楽しませてもらった。

お父さんお母さんからは
「1泊だけじゃなくて、自分の家だと思ってもっと泊まっていきなさい。」
「またイスラエルに遊びに来てね、うちにはいつでも来ていいのよ」
って言われて、なんだか幸せな気持ちになった。

Liorがやさしいのは、この両親だからだって思った。



本当に楽しい一時だった。



レバノンとの国境沿いにある観光名所。ロープウェイに乗って下に下る


イスラエル版の青の洞窟。ちょうど夕日が差し込んでいて綺麗だった。


像の形みたいな岩


ハイファの夜景。





北イスラエルはアラブ人との共存を望む穏健派の人が多いらしく、争いや問題はほとんどないらしい。ここでパレスチナ問題を感じることはない。

今なお行われているパレスチナ人への圧力、暴力、殺害、壁の建設・・・さすがに、どう思っているか?まで聞くことはできなかったが、Liorと家族が望んでいるものは間違いなく「平和」だった。



常に侵略、迫害に苦しめられながらも生き抜き、長い年月を経てようやく手にすることができたユダヤ人国家、イスラエル。パレスチナ自治区の排除が目的かもしれないが、暴力では何も解決しないことは明白なはず。

イスラエル国民の兵役3年は義務。街中は兵士で溢れ、ピストル、マシンガンは山ほど見ることができる。まるで遠足で持ち歩く水筒の様に皆ぶら下げている。

入出国も異常なまでに厳しいし、パレスチナ自治区にはチェックポイントという関門を通らなければ行き来できない。政策はユダヤ人以外を追い出すことか?

過激派の住民は必要以上にパレスチナ人を追い詰めていく。




しかし、列強の中東地区における覇権争いや、影で他国が武器支援してたりと決してイスラエルだけの問題ではない。聖地であるがゆえ、各民族の、各宗派の思いも相当なものだ。




侵略・征服・植民地化されることのなかった単一民族の日本人からすると、あまりに複雑な歴史背景過ぎて何をしていいか分からない。

できるのは物資・資金援助と目の前で起こっている殺戮を「止めた方がいいよ!!」と叫ぶことくらい(実際は小声でささやく程度かw)。


アラブ人のイブラヒムさんの優しさに触れ、そしてイスラエル人の1家族の優しさに触れ、さらに複雑な気持ちになった。1人1人はみんな良い人なのに、民族とか宗教とか国とかで分けられると、争いだらけだ。


なぜ殺しあうのか?
なぜ共存できないのか?

平和社会でしか生きていないうちらには理解できないことだらけ。


みんなが笑顔で暮らせますように。

そう願うしかない。

ユダヤ教聖地の嘆きの壁の前で、
イスラム教聖地の岩のドームの前で、
キリスト教の数々の教会の前で、
争いのない世界を願う。

体をはってユダヤ人とパレスチナ人の間に人の壁となって立ち向かうボランティアの人もいる。

そこまではできないけど、この問題に関心を持ち続けることだけが、今できる精一杯のことのように思った。

| ケン&チコ | 中東(イスラエル) | comments(3) | trackbacks(0) |
聖地エルサレム
3大聖地のエルサレム。見所は多い。壁に囲まれた旧市街地は独特な空気で包まれている。意外に坂が多くて歩き回るとすぐ疲れちゃうのが難点。しかも暑ぃ〜。



エルサレムは坂が多い!



イスラム教の岩のドーム


キリストが眠る聖墳墓教会


ユダヤ教、嘆きの壁


やっぱ一番興味深かったのが「嘆きの壁」かな。誰でも入れるし、壁にも触れるんだけど、マジな空気が流れていて少しビビッてしまった。







ユダヤ教正統派の格好は独特。正統派の中もいくつかに分かれていて格好やお祈りの仕方が微妙に違ったりしてた。








番外編

ちょっと目のとこがうまくいってないわね〜って言ってたけど全て手縫い!教会のシスターGreat!


街中はいたって安全。夜間の1人歩きとかしなければ問題なし。物売りの子供(目が血走ってヤバイ感じだった)に空き缶投げられたことはあったけど、それも1度だけ。


トルコ船襲撃で国際的に孤立化とかニュースで言ってるけど、そんな雰囲気無し。観光客で賑わってたなー。本当に不思議な国だ!!!

| ケン&チコ | 中東(イスラエル) | comments(0) | trackbacks(0) |